忘れたころにやってきたので、一応確認しておくことにします。

腕組み 正座時事ネタ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

売った後なので興味を失ってきていたがようやく国内でも承認

12月24日に新型コロナウイルスの治療薬が国内で特例承認されたニュースがありました。
特例承認された治療薬はアメリカメルク社の「モルヌピラビル」です。

コロナ飲み薬を特例承認、厚労省 国内初、来週から使用可能に | 共同通信
厚生労働省は24日、米製薬大手メルクが開発した新型コロナウイルス感染症の飲み薬「モルヌピラビル」を特...

フランスでは治験での効果が薄かったので発注を取り消していますが、日本ではそのまま承認されたようです。
ファイザー社製の「パクスロビド」方が効果が高いのは既に分かっているので、パクスロビドだけ承認して購入すれば良いと思いますが、決定するまで時間がかかるので、一回決まると止められないのは日本の駄目な所です。

メルク社への投資について

メルク社と言えば、新型コロナウイルス治療薬を他の製薬会社に先んじて作ったので一時期投資していました。
参入編の記事はこちら
投資中の記事はこちらこちら
撤退編の記事はこちら

新型コロナウイルス、治療薬が飲み薬で出来たということで「これは売れるだろ。」と思って参入しましたが、その後すぐにメルク社製の治療薬よりさらに効果が高い、ファイザー製の治療薬が開発されました。

私はファイザー製の治療薬が開発されたというニュースが出た時点ではまだメルク社の株式を保有していましたが、ファイザー製の治療薬「パクスロビド」の製造ライセンスを供与したというニュースを確認した際に、メルク社の株式を売りました。

メルク(MRK)日足チャート(Trading Viewから作成)

黒の縦線部分で決済しました。
その後、それまで入院や死亡のリスクを50%低下させる効果があると言われていましたが、最新の治験の結果、30%しか低下させる効果がないと分かったため株価は更に下がっています。
12月25日時点では1株75.7ドル程度を推移しています。

結果的には投資判断は正解でしたが、世界中で購入されて使用されると考えていたシナリオは大外れでしたので、命拾いしたといったところでしょうか。

オミクロン株にも治療薬は効くらしい。

新型コロナウイルスの治療薬が開発されていた当時はオミクロン株は誕生していませんでしたが、治療薬は効果を発揮するそうです。

新型コロナウイルスの治療に詳しい愛知医科大学の森島恒雄客員教授によりますと、このタイプの薬は、細胞内に入ったウイルスに作用する働きがあり、オミクロン株に見られる変異には大きく影響されないと考えられるため、これまでの新型コロナウイルスに対してと効果は変わらないのではないかとしています。

「コロナ 飲み薬「モルヌピラビル」とは?効果や対象は?詳しく」から引用

また、最初にオミクロン株が発見されてた南アフリカではオミクロン株に感染して病院での治療を必要とする人は、他の変異株よりも推定30~70%少ないという結果がでているようです。

オミクロン株の感染の波、他の変異株より「穏やか」か イギリスと南アの研究 - BBCニュース
新型コロナウイルスのオミクロン株について、感染の波はこれまでの変異株と比べて穏やかだとみられるとする予備段階の研究結果が、イギリスと南アフリカでこのほど発表された。

12月24日の全国の新型コロナウイルス感染者は302人と2カ月ぶりに300人を超えました。
都内でもオミクロン株の市中感染が見つかっているので、今後都内でも感染者数が増えそうです。

在宅勤務時によく昼寝していたので、昼間凄い眠気が来るんですよね。
未だに回復していません。また感染者が増えて在宅勤務の日々が戻って来ないかなぁと期待しているのは私だけではないはず。

当ブログは、にほんブログ村に参加しています。面白かったと思ったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
当ブログは、にほんブログ村に参加しています。面白かったと思ったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
時事ネタ
スポンサーリンク
nekonabeをフォローする
楽生〜楽に生きるためのライフハック〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました