ワクワクの結果・・撤退することにしました。

ダッシュお金

結局撤退を決めました。

アメリカメルク社のコロナ治療薬「モルヌピラビル」がイギリスの医薬品・医療製品規制庁(MHRA)で承認されたというニュースで株価が上がったので、今後も上がるんじゃないかというニュースを書きました。

為替はワクワクしないけど、こっちはワクワクの展開になってきた。
量的緩和の縮小が決定したけど、FOMCはほぼ無風で通過日本時間11月4日のFOMCで米国債等の大量に買い入れを行う量的金融緩和の縮小が決定されました。流石に平日だったので、FOMCが始まった時は寝ていましたが翌朝ち...

書いてワクワクしながら株価を見ていましたが、その後すぐにファイザー社が入院や死亡のリスクが89%低減するコロナ治療薬「パクスロビド」を緊急使用許可を申請するというニュースが出ました。

ワクワクが萎んじまったわ。
イギリスで承認されたと思ったらすぐ別のが来た。昨日、ドル円の取引が難しいという話と、アメリカメルク社のコロナ治療薬「モルヌピラビル」がイギリスの医薬品・医療製品規制庁(MHRA)で承認されたというニュースを書きました。...

超ガッカリしましたが、メルク社の「モルヌピラビル」の方が先に承認されたので、そこそこ売れるのではと思い、もうちょっとホールドしておこうという結論にしていました。

メルク(MRK)日足チャート(Trading Viewから作成)

ファイザー社のコロナ治療薬「パクスロビド」の方が、メルク社のコロナ治療薬「モルヌピラビル」より値段が高いとか、副作用がキツイとかそういった理由が無ければ撤退しようかと思っていました。

そんな中で、以下のようなニュースが出ていました。

米ファイザー、新型ウイルス経口薬の製造・販売を容認 95の途上国が対象 - BBCニュース
米製薬大手ファイザーは16日、開発中の新型コロナウイルス経口治療薬「パクスロビド」について、95の発展途上国での製造・販売を認める契約を国連が支援する特許団体と結んだと発表した。

米製薬大手ファイザーは16日、開発中の新型コロナウイルス経口治療薬「パクスロビド」について、95の発展途上国での製造・販売を認める契約を国連が支援する特許団体と結んだと発表した。

BBCニュースから引用

これによってファイザー社以外の製薬会社でもパクスロビドを製造できるようになったようです。
さらに、低所得国はパクスロビドの製造ライセンス使用料を受け取らない方針だそうです。

つまり・・安く治療薬を作ることが可能になるということです。
こうなるとメルク社の「モルヌピラビル」は入院または死亡のリスクが約50%低下する効果なので、約9割低下するファイザー社の「パクスロビド」と比べると効果の面からファイザー社が選択されやすくなるのかなと思います。

米メルク、コロナ飲み薬のライセンス供与 途上国向け(写真=ロイター)
【ニューヨーク=西邨紘子】米製薬大手メルクは27日、開発中の新型コロナウイルスの飲み薬「モルヌピラビル」を幅広い地域で供給するため、国連の関係機関がつくった非営利団体(NPO)「医薬品特許プール(MPP)」に製造ライセンスを供与すると発表した。後発薬メーカーなどが途上国向けに安価に生産できるようになる。各国の後発薬メー...

メルク社も「モルヌピラビル」の製造ライセンスを供与すると発表しています。
ファイザー社と同様に、後発薬メーカーなどが途上国向けに安価に生産できるようになるような仕組みにしていますが、少々分が悪い勝負だと思いましたので、ここで撤退しておこうと思います。

83.6ドル辺りで買って84ドル辺りで売却したので、ほぼトントンです。
損も得もありませんでした。残念!

私の意見を記載したものですので、実際の投資は自己責任で行ってください。

当ブログは、にほんブログ村に参加しています。面白かったと思ったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
当ブログは、にほんブログ村に参加しています。面白かったと思ったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
お金
nekonabeをフォローする
楽生〜楽に生きるためのライフハック〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました