FIREしてもしなくても結局やること変わらない説

書類を描きながらハッとする女性 セミリタイア
スポンサーリンク
スポンサーリンク

社畜なら誰しも考えるFIREへの願望

どんな人でも社畜であれば「仕事を辞めたい」と考えたことがあると思います。
会社を辞めたいと思った殆どの社畜は、自分が会社を辞めた後のことを想像して、金銭面で「あ、これ無理だわ。」と諦めてしまうのが普通です。

FIREを考える際に大きな壁として立ちはだかるのが、金銭面の問題です。
必要資産を考える場合、どうしても”今の生活費”をベースに計算する人が多いので、「とても無理だ。」と感じてしまうのでしょう。

30代、40代くらいであれば「あぁ!もうFIREなんて無理、無理」と諦めてしまいますが、50代、60代に差し掛かってくるとそうも言っていられません。
強制リタイアの定年退職が迫ってきているからです。

給料が無いと生活できないような状況だったとしても、一定年齢になれば会社から放り出されてしまいます。
放り出されれば、安月給の再雇用か転職、もしくはリタイアを選択することになります。

ここで問題となるのが、これまでの暮らしと、リタイア後の暮らしとのギャップです。これが大きい人も居ると思います。

特に問題になりそうなのは、現役時代は役員待遇で高年収、好きな物は我慢せずに買っていましたという人はリタイア後に大きな問題に直面します。

リタイアした後は収入が無くなるので、今までのように我慢せずに好きなだけ支出してしまえば資産は減る一方です。

当然、これが大きな問題になることでしょう。

社畜は遅かれ早かれFIREする人と同じ行動になる?

質が悪いのが問題であることが明確であるのに、解決が困難なことです。
リタイアすれば収入が無くなることが分かっていても、生活レベルは簡単には変えられないという問題です。

生活レベルを上げるのは簡単ですが、下げるのは難しいです。
中には「もうリタイアするのは無理だ。」と生涯奴隷現役を決意する人も居るでしょう。

生涯現役という悲しい決断をしたとしても、収入は減る、支出は今まで通り(何なら物価高で増える。)という状況に直面することになります。

身の程を知らないアーリーリタイアを観察する。
社畜はアーリーリタイアについて考えるのを止めた 1度も仕事を辞めたいと思ったことの無い社畜はまず居ないと思いますが、アーリーリタイアをしようと考える社畜は多くありません。理由として最大の物は「先立つもの」が無いことが理由だと思います。実際に...

以前、リタイア生活は足るを知ることが前提になるという話を書きましたが、FIREしなかったとしても足るを知ることは重要なことだと思います。

特に定年前からの支出のダウンサイジングは絶対に必要でしょう。
これに加えて、今まで消費に回していた分を投資に回せるとベストです。

つまり何が言いたいかと言えば、FIREを考えていなくても遅かれ早かれ社畜はFIREする人と同じ行動をした方が良いってことです。

始めるのが早いか、遅いかの違いです。
そして投資は複利効果がモノを言うので、始めるのが早いに越したことはありません。

なら定年近くなってからFIRE的な動きを始めるより、辞める気が無くてもFIREする人と同じ行動を取った方が良いということですね。

兎に角さっさと慣れるしかない。

複利効果以外にもFIREに向けての行動を早く始める意味はあります。

その理由の1つが習慣化です。
特に支出面での習慣化、無駄な支出を可能な限り抑え、これを習慣とすることに意味があります。

呼吸するかのように、無意識に無駄な支出を避ける。
習慣化には時間がかかります。
最初は我慢や忍耐を伴う苦痛な行動になるかもしれませんが、時間が経てば慣れます。

慣れれば淡々と続けるだけです。
定年前に金が無いことに気付いて慌てて始めると、訳の分からない草コインに一括投資したり、明らかに詐欺臭い投資詐欺に引っかかる可能性がゼロではありません。

焦りは判断を狂わせます。
それなら社畜を辞める辞めないは置いておいて、とりあえずFIREに向けて動いておいて損はないはずです。

ポプテピピック 1巻 P12から引用

今は全然辞める気が無い人でもFIREに向けて動いていれば、ある日突然「仕事なんてクソだ。もー辞めた。」と思った時もスグ辞められるのでお得ですよ。

社畜なんて、毎日仕事辞めたいと思えるような出来事には事欠きませんからね。
そんな時、辞めたいけど金が無いと絶望するよりは、サッサと支出を抑えてそれに慣れちゃった方が余程賢明というものです。

当ブログは、にほんブログ村に参加しています。面白かったと思ったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
当ブログは、にほんブログ村に参加しています。面白かったと思ったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
セミリタイア
スポンサーリンク
シェアする
nekonabeをフォローする
楽生〜楽に生きるためのライフハック〜

コメント

  1. はしQ より:

    おはようございます。まだまだ社畜のはしQです。本日の
    「社畜を辞める辞めないは置いておいて、とりあえずFIREに向けて動いておいて損はないはずです。」
    は、ずばり核心ですね。定年退職は強制REなので、FIできていなくてもやがてやってくるものですね。FIREなんて関係ないではなく、強制REへの準備をしていくと、おまけとして社畜を辞められる状況がやってくるってな感じでしょうか。当方のように中途退職でのやんわりとしたREから始め強制REに備えるのもスフトランディングとしてはありかなと改めて思っています。
    まだまだ日本株好調で、バブル崩壊の恐ろしさが来ています、はしQでした。

    • nekonabe より:

      はしQさん、コメントありがとうございます。

      私も30代前半くらいまではFIREなんて全然考えていませんでしたからね。
      辞めても何の問題もないというのは希望になります。

      今年はアメリカ大統領選で荒れそうなんで、年後半はヤバそうです。

  2. ふなむし より:

    節約と人付き合いは反比例するので、そういうのは性格によると思います。
    私は辞めるためにお金を貯めた訳では無く、無駄使いが嫌いな上に友達も彼女もおらず、お金を使う事がなかったから貯まっただけですが、交友関係が広くて仲間とワイワイやりたい人は、節約より稼ぐ事を頑張った方が合っていると思います。
    彼らにしてみれば「金は使わないかもしれないけど、孤独な人生のどこが楽しいの?」と思う事でしょう。

    確かに誰もがいつかはリタイアする訳で、浪費癖がある人は改善する必要がありますが、お金の使い方はその人の価値観そのものですから、そう簡単には変わらないですね。

    • nekonabe より:

      ふなむしさん、コメントありがとうございます。
      人付き合いが多いと確かにお金も飛んでいきますね。

      ワイワイやりたいタイプはあんまりFIREとか考えなさそうではあります。
      ですがワイワイやろうが楽しくなかろうが生活に金がかかることには変わりありませんからね。

      40過ぎると友人とも年数回会うか会わないかくらいになるので、金は使わなくなりますね。
      うまい事そこから節約できるようになると良いんですが・・・
      金使い荒い人は本当に荒いですからね。
      性格といえばそれまでなんでしょうが、もうちょい上手くやれば良いのにとは思います。

タイトルとURLをコピーしました