1年と同じように1日も早く終って欲しい社畜のオッサン

確定申告 震える 中年男性 セミリタイア
スポンサーリンク
スポンサーリンク

社畜の1日は長いのに社畜の1年は短い謎

社畜をしていると不思議なことがあります。
それが1日の業務が始まると、仕事終わりまでの時間が長く感じるのに、1年経ってみるとアッと言う間ということです。

私はもうすぐリタイア予定ですが、リタイア直前の社畜の1日は本当に長く感じます。

ですが思い返してみるとアッと言う間に2023年も終わろうとしています。
つい最近まで夏だった気がするんですが、もう12月です。
40代のオッサンの時間の進み方は早すぎます。

もうリタイア前で仕事へのモチベーションは低空飛行ですので、社畜の就業時間がとにかく長く感じます。

特に打ち合わせや外出等のタスクが無い日は途轍もなく長く感じます。
まだ14時か・・・
まだ14時半か・・・
みたいな感じで何度も時間を確認してしまいます。

逆に時計を見る暇がない位忙しい日はアッと言う間に夜になります。
ただ、そういう日は結局なかなか帰れないので結局長く感じる(と言うよりそもそも労働時間が長い)ことが多いです。

今日は何で社畜の1日は長いのに、社畜の1年は短いのかというテーマについてお話しようと思います。

1年がアッと言う間な原因は分かっています。

社畜の1年がアッと言う間に過ぎ去るのは、生活のルーチン化が原因であるだろうということは分かっています。

社畜を長年続けると、失っていくモノ
社畜生活はルーティン化する。 FIREを目指していると、見失いがちになるのがFIRE後にどうやって生活するのかという問題です。社畜時代はFIREするために働いていると言っても過言ではありません。嫌々働きつつ貰った給料を節約して、投資に回すと...

何か今まで経験したことが無いような業務を担当することになれば、1年の感じ方も変わると思います。

ただ、私の場合はリタイア前なので1年がアッと言う間に過ぎ去ることは望むところです。
1年が長く感じて得に感じる要素はありません。
何ならリタイアまで1年は給料日とボーナス日の14日だけで過ぎ去っても文句はありません。

1年はアッと言う間ですが、1年と同じような感覚で1日も早く過ぎ去って欲しいです。

体感的には起きたと思ったら、いつの間にか家に帰って来てたくらいの時間感覚で良いんですが、家を出てから家に帰るまでの時間は本当に長く感じます。

1日を早回ししたい40代の社畜

1年はなぜ早い?待ち時間はなぜ長い?イヤな時間を短く感じるには? 時間の有効活用術という記事を読みました。

1年はなぜ早い?待ち時間はなぜ長い?イヤな時間を短く感じるには? 時間の有効活用術
今日から12月、今年もあと1カ月です。 「1年が経つのがあっという間だ」と感じている方もいるのではないでしょうか。 大人になると1年が早く感じられたり、病院で待っている時間は長く感じられたりします。 一体何故なのでしょうか。

記事では、1日が長いのは時間の経過を意識するほど、時間を長く感じるからのようです。
時間以外に注意を向けていると早く時間が過ぎ去るそうですが、これはなかなか難しいですね。

何しろ会社に着いた瞬間に「もう帰りたい」んです。
何なら出かける前に家に居る状態で既に帰りたいと思っています。

早く帰りたいからどうしても時間を見てしまいます。
特にパソコンを触っていると、右下にずっと時計が表示されているから意識しないように考えていても目に入ってしまいます。

記事では、大人はルーティン化していることが多く、1つ1つを意識せずにこなしたり、仕事など1つの出来事で長時間を過ごしたりするため“アッという間”に過ぎた“短い”1日に感じるそうですが、別にそんなことはありません。

もう社畜歴も20年近いので、とっくの昔にルーティン化していて、意識せずにこなせるけど長く感じます。

帰りたい気持ちが強すぎるんでしょうか。
緊張、恐怖、極度の集中状態で時間は長く感じるそうですが・・・
もしかしたら、特に好きでもない人間がオフィス内に大量にいるので、緊張しているのかもしれません。

広くて明るい、賑やかな場所では、時間が長く感じるそうです。
また、体温が高い時にも時間が長く感じるそうです。

オフィスは1フロア壁の無いだだっ広い部屋であることが多いです。
私の職場も1フロア壁が無いだだっ広い部屋にデスクが並んでいます。
1フロアに人を詰め込んでいるので、多くの人が屯しています。
つまり、賑やか(というか煩い)です。

そして、オフィスの空調は効きすぎです。
特に冬はこんなに部屋を暖めなくても良いだろうと思うくらい暑いです。
おそらく体温も上昇しているのではないでしょうか。

どうやらオフィスそのものが、時間が長く感じる要素がてんこ盛りのようです。
特に好きでもない人間が多く居ることによる緊張状態に加え、広くて明るくて喧しい場所で気温が高いと、多くの条件を備えています。

社畜の1日が長く感じる理由も分かる気がします。
外出する用事があればアッと言う間に感じるのもオフィスに居なくて良いからでしょう。

リタイアまで1日外をブラブラする仕事をしていたいところですが、新しい仕事を始めると、それはそれで時間が長く感じてしまうという二律背反

リタイアまでの道はまだまだ長そうです。

当ブログは、にほんブログ村に参加しています。面白かったと思ったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
当ブログは、にほんブログ村に参加しています。面白かったと思ったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
セミリタイア
スポンサーリンク
シェアする
nekonabeをフォローする
楽生〜楽に生きるためのライフハック〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました