FIREに最適なタイミングを探し続けて疲れ果てる前にFIREしたい。

さがす セミリタイア
スポンサーリンク
スポンサーリンク

FIREする人はリタイアに最適な時期を探し求める。

私はFIREするなら丁度良い時期というものがあると思っています。
60歳過ぎてからのリタイアだとFIREのうちFI(Financial Independence)はともかくとして、RE(Retire Early)か?と言われるとちょっと遅い気がします。

FIREするなら早ければ早いほど良いとも思っていますが、20代、30代でリタイアしてしまうと、どうしてもFIの部分が弱くなります。

残り時間が多ければ多いほど今後発生する不確定要素が多くなります。

ダメだったら働けば良いやと開き直ってFIREを始めることも可能ですが、私のように色々考えてしまうタイプの人間はFIREの年齢が遅れ気味になります。
40代から50代のリタイアしている人が多いのは、FIの部分が完成することに時間がかかることもありますが、リタイア後の不安と葛藤の結果でしょう。

万全を期してリタイアするなら50代になりますが、私は50代まで引っ張ってリタイアするのではREとしては遅いと思うので、40代前半でのリタイアを予定しています。

50歳からは「働かないおじさん」と呼ばれるくらいがいい…和田秀樹が教える"定年後が充実している人の条件" 定時で帰っていいし、若手育成は40代に任せればいい
定年後の人生を充実させるためにはどうすればいいのか。医師の和田秀樹さんは「50代になったら、残業も若手育成もしなくていい。“働かないおじさん”と言われても気にせず、定年後の20年間のための準備に時間を使うことが大切だ」という――。

私のようにFIREを考えていなくても、50代は定年退職を考え始める年齢です。
50歳からは「働かないおじさん」と呼ばれるくらいがいい・・・という記事を見ましたが、50代では仕事なんかしている場合じゃないという話をされていました。

確かにもうすぐ定年になる50代の社畜が仕事に労力を割く必要はありません。
会社の給料が無くなる前提で別の稼ぎ方を考えることも重要ですし、会社以外の人間関係をどーするか考えることも重要です。

どちらも会社とは何の関係もありませんし、どれだけ会社にリソースを割いても、10年経ったら追い出されるのですから時間をかけるだけ無駄です。

そんなことに注力するよりは、職場の外で稼ぐ手段を見つけたり、趣味の集まりに時間を割いた方が、リタイア後の時間は充実したものになるでしょう。

働かないオジサン/オバサンになっていく理由
静かな退職は、合法的な経営者への反抗 コロナ禍以降、労働者階級による資本階級への反乱が続いています。この反乱の面白いところは、会社の備品をぶっ壊したり、役員に暴行したりといった直接的なモノではなく、一見キチンと仕事をしているようにしつつ、手...

以前、働かないおじさんができるのは時間の価値がお金の価値を上回るからだという話をしましたが、50代に限らず、40代でも30代でも社畜として会社に拘束されている時間は、給料として貰えるお金に比べて遥かに価値が高いです。

それだけ経営者に安く買い叩かれているということですが、最近はZ世代も労働に時間を割くより、ワークライフバランスに価値を置く考え方をしています。
社会や経営者による誤魔化しが効かなくなってきています。
そんな誤魔化しが無くても、自分が何歳かに関わらず社畜として働く時間に給料以上の価値はありませんけどね。

これまでは、役職定年や定年が迫ってきて気付くパターンが多いので、50代でモチベーションが下がる人が多いんですが、気付く人は何歳だろうと気付きます。

今後は20代でも、30代でも働かないヤツは働かない世の中になるのでしょう。

REが無いFIには意味がない。何ならストレスになるかも

FIRE時期を見誤った場合、心身のバランスを崩す場合もあります。
FIを達成すると、気楽になるとか、仕事が不快じゃなくなるとか言う人がいますが、それは「人によります」。
嫌なものは嫌って奴です。

実際私はFI達成前より、仕事が嫌いになりました。
FIだけでは何の意味もありませんし、何も変わりません。
あくまでREするためにFIがあるのです。

いつでも辞められる状態だとしても、辞めていなけりゃ楽ではない。
上級職の違和感にはどこかズレてる。 日本のFIREブームへの違和感、本当に早く退職することが正しいのか?という記事を見ました。 こういった記事を見ると、またどこぞの社長が奴隷を扱き使うために労働を賛美している記事かなと思って読み始めましたが...

52歳貯金4000万円。精神的に疲れて限界を感じており、退職して地元に戻ることを考えています。という記事を見ました。

52歳貯金4000万円。精神的に疲れて限界を感じており、退職して地元に戻ることを考えています [お金の悩みを解決!マネープランクリニック] All About
皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。今回のご相談者は、52歳の男性会社員の方。仕事を退職し地元に帰りアルバイトをすることを考えているとのこと。ファイナンシャル・プランナーの深野康彦さんがアドバイス...

52歳で独身、退職金を含めれば5,200万円の資産を積み上げた人が、もう仕事がシンドイのでリタイアしたいという記事です。

私と同じように石橋を叩いて渡る人のようで、石橋を叩きすぎて叩いている本人が病んできてしまったようです。

逃げ切り計算機でこの人の状況をシミュレーションしてみましょう。

現在の年齢:52歳
現在の貯金額:5,200万円(貯金4,000万円+退職金1,200万円)
年間利息:0.002%
年金支給開始までの年間支出額:228万円
年金受給開始後からの年間支出額:228万円
年金受給開始年齢:65歳
受給年金の月額:10万円
物価の年間インフレ率:1%
受給年金の年間インフレ率:0%

この人は株や投信、先物といった金融商品は一切持っていないガチ貯金だけで5,000万円以上作ったようなので、運用益は銀行金利と同じ0.002%で計算します。

その結果、78歳まで生きれるという結果になりました。
流石に資産運用なしでは平均寿命まで生きられないようです。

記事にある通り、65歳まで月10万円くらいバイトをすると87歳まで生きられます。

個人的には食費と光熱費、通信費、保険料はもっと安くなると思うので、ここから4万円は削れそうです。
月15万円で生活できるようになるなら、65歳までバイトすれば100歳まで資産が持ちます。
何ならバイトしなくても89歳まで資産が持ちます。

セミリタイアはやっぱりアカンと思ったワイ
FIRE達成前の誘惑が強すぎることが問題 最近サイドFIREとかセミリタイアという用語をよく見かけるようになりました。サイドFIREについては、FIREという用語がアメリカから伝わってきてから、サイドFIRE≒セミリタイアといったニュアンス...

個人的には仕事で精神やられちゃうくらいなら、バイトみたいなDQN率高い職場で働いたら余計精神が病むと思います。

来年から新NISAに投資するみたいなので、仕事を辞めたらそのまま働かずに生活する方向で考えた方が良いと思いますが、やっぱり不安があるんでしょうね。

50過ぎまで投資なしで行く位、鉄板じゃないと不安になってしまうんでしょう。
私は投資しつつFIREして働かないことをお勧めしますが、この人は貯金が減るストレスと働くストレスを比べて、どっちを取るかみたいな状況になるのかもしれませんね。

当ブログは、にほんブログ村に参加しています。面白かったと思ったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
当ブログは、にほんブログ村に参加しています。面白かったと思ったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
セミリタイア
スポンサーリンク
シェアする
nekonabeをフォローする
楽生〜楽に生きるためのライフハック〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました