引退するする詐欺に見える。

ターニングポイント雑記

リタイアしない気がする。

50歳で夫婦のみの世帯が、貯金7700万円で60歳までに完全リタイアしたいという記事を見ました。

50歳貯蓄7700万円。10年後リタイアしたいが可能か
皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。今回の相談者は、60歳でリタイアを考えている自営業者の方。ファイナンシャル・プランナーの深野康彦さんが担当します。

50歳以上で資産が7700万円ということで、特に計算していかなくても問題なさそうに見えます。
こういう人は恐らく、自分でも問題ないと考えていて誰かに「問題ないですよ。」と言って欲しいがために相談しているような気もします。

読んでいて何となくネタっぽいなと感じたのは、夫が自営業なのに今後収入が20万円ダウンすると書いてあることです。
サラリーマンなら役職定年等で給料が20万円ダウンすることはよくあることで、役職定年の年齢になるときっちり給料が下がるので予め分かりますが、自営業なのに何を根拠に20万円売り上げが落ちると思っているんでしょうか。
自営業の将来の売上は、安定している事業でも読み辛いと思うんですが、取引先が無くなるとかでしょうか。

収支を確認してみると、夫50歳、妻が55歳なので、60歳まで働くと夫が4200万円(35万円×12カ月×10年)、妻が1380万円(23万円×12カ月×5年)の計5580万円の収入があり、この金額がプラスされます。
妻が5年早く退職するので、そこから収支はマイナス2,232,000円になり、夫が61歳以降は夫の収入も無くなるので、収支はマイナス6,432,000円になります。(毎月10万円の投資を続けて支出が変わらない場合)

投資に毎月10万円、年利4%で運用したとすると夫が60歳の時点で約2000万円になります。
(初年度338万円+120万円×年利4%を10年間複利運用)
そのまま夫が70歳まで積みたてと運用を続けると、約4100万円まで資産が増加します。

その代わり、それまでの支出と投資を全て貯蓄から支払うと、夫が70歳の時点でキャッシュがマイナスになります。
70歳以降は年金を貰いつつ、4100万円の運用資産を取り崩していくことになります。

ここまで書いておいて何ですが、恐らくこの人は途中でリタイアして資産が減っていくのに耐えられないのではという気がします。
計画通りに資産が減少していくことを覚悟の上でリタイアするのであれば耐えられると思いますが、今ある7700万円で引退できますかとか聞くような姿勢では、自分の資産が減っていくのに耐えられないと思います。

これは加谷珪一氏著の「お金持ちの教科書」にも記載がありますが、お金持ちは資産を減らしたくないと考えていて、資産を守るためならばどんなきつい仕事にも取り組む。と書いています。
またお金持ちの基準は最低1億円からだけど、資産が5000万円を超えたころからお金持ちのマインドに変化するとも記載されています。

仕事辞めたい感があまり伝わらないので、この人は多分60歳以降も働き続けそうな気がします。
自営業だし60歳以降も資産が減らない程度にユルユル働くか、リタイアするなら支出をもっと減らすんじゃないかなぁ・・と思います。

当ブログは、にほんブログ村に参加しています。面白かったと思ったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
当ブログは、にほんブログ村に参加しています。面白かったと思ったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
雑記
nekonabeをフォローする
楽生〜楽に生きるためのライフハック〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました