出不精が加速する原因の1つはいつまで経っても据え置き

意地でもコタツから出ない牛時事ネタ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

話題にもならなくなった感染症ネタ

緊急事態宣言や感染症の予防の観点で、自分の会社が在宅勤務にならないことがほぼ確定してしまってから、もう全然気にならなくなってしまったんですが、新型コロナウイルスの感染者数があります。

ちなみに10月12日時点で、全国で45,505人らしいです。
以前は1日20万人くらい感染者がいたので、それに比べれば大分減ってきました。

感染者が減ったとは言え、それでもまだ、自分の会社では毎日誰かしらが感染しているようで、イントラネットで感染者が出たことを伝えてきますが、自分の部署や仲の良い知り合いの部署で感染者が出たという話にでもならない限り、最近は話のネタにもならないオワコン化した病気です。

そんなオワコン化した病気で最近、気になるニュースを目にしたので、今日はこの話をしたいと思います。

発熱外来、高齢者や小学生以下などに限定 同時流行備え政府呼びかけ(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース
 今冬の季節性インフルエンザと新型コロナウイルスの同時流行を想定し、政府は12日、発熱外来が逼迫(ひっぱく)しないよう、高齢者や小学生以下の子どもなどに限定して受診を呼びかける方針を固めた。中学生か

発熱外来を高齢者や小学生以下などに限定するというニュースです。
中学生から64歳の基礎疾患のない人にはコロナの抗原検査キットで自主検査して、陽性でも自宅療養しろという話です。

無症状で既に感染済みなのか、それとも未感染なのかそれすら分からない

新型コロナウイルスが流行し始めてから、かなり風邪には気を付けるようになった人も多いと思います。

なぜなら、ただの風邪でも熱が出れば新型コロナウイルスの感染を疑われ、抗原検査やPCR検査を行う必要があるからです。
検査して新型コロナウイルスだったら、自宅待機になるので重症化しなければ臨時休暇が楽しめてラッキーですが、ただの風邪だったら、体調が悪い上に面倒な手続きに振り回されることになります。

私も体調が悪い上に、保健所に電話したりといった面倒な作業をすることは勘弁して欲しいので、感染対策にはかなり気をつけています。
手洗いとアルコール消毒は、完全に日常動作に組み込まれました。
ドアノブに触る度にアルコール消毒するようになったのはコロナ以前では考えれないことでしょう。

そのおかげか私も1年に1度くらいは風邪を引くことがあったんですが、新型コロナウイルスが流行してからは、まだ1度も風邪を引いていません。

発熱はしていませんが、新型コロナウイルスの場合は感染しても無症状という場合もあります。
実は感染していて気付いていないだけなのか、それとも本当にまだ感染していないのか、それすらも良く分からない状況で、パブロフの犬のように外に出る時はマスクをして、ドアノブや手すりに触るとアルコール消毒をするという動きを繰り返しています。

高いからこそ釈然としない気分になる

そんな訳で、ここ2年以上状況は変わっていませんが、医療費を減らしたいのか、だんだんと扱いが雑になってきたように思えます。

重症化リスクが高い65歳以上と小学生以下だけ、発熱外来使えますよということですが・・
どっちも殆ど保険料払っていない層なんですよね。
何気にこれが気になります。

私も健康保険料が1,000円、2,000円くらいなら特に何とも思わないのですが、健康保険料は厚生年金保険料に次ぐ、国が強制的に行う、やたらと高い給料のピンハネです。

私のように1年で病院に行くのは、健康診断の時くらいという人にとって、数少ない病院で医療を受けて健康保険料の元が取れるタイミングがなくなったのはちょっと残念です。

ほとんど病気にならないからこそ、健康保険料の支払いが無駄に感じてしまうんですが、現役世代からすれば、普段使わないで生活しているのに、いざ使うタイミングになったら使えませんと言われたようで釈然としないものがあります。

今後発熱した場合は、新型コロナウイルスの検査をして、これが陰性だったら、発熱外来ではない一般医療機関をオンラインや電話で受診という流れになるようです。

体調悪いのにこんなに色々なことをしないといけないと思うと、もうしばらくは感染対策をしておこうかなと言う気にもなります。

出不精が加速する要素

手洗いとアルコール消毒は慣れましたが、未だに慣れないのがマスクです。
単純に顔の回りにまとわりついて、呼吸がしにくくてうっとおしい以外の何物でもないんですが、日本では妙に受け入れられています。

既に厚生労働省も発表しているとおり、屋外ではマスクは不要なんですが、未だに外を出歩いている人もマスクをしています。

マスクの着用について
マスクの着用について

私は外を歩いている時は既にノーマスクです。
ただ、職場ではマスクをしなければいけませんし、電車の中も2m以上の距離を確保することは不可能なので、未だにマスクをしています。

ただでさえ憂鬱な通勤と、社畜の労働時間中は常にマスクがあって、さらに不快です。
感染はしたくないけど、マスクもしたくない。
出かけると不快な気分になると言った感じで、ますます出不精に磨きがかかってきたように思います。

海外は既にどこもノーマスクが基本なので、日本でもやれば良いんですが、この不快な布は未だに顔の回りを覆っています。

このまま行くと、10年後もみんなマスクして生活していそうです。
それならマスクしないで生活できるまで、家に引き籠っていたいと思いますが、リタイアするのが先か、マスクをしなくても生活できるようになるのが先か、リタイアが先だったら良いなと思いつつ、今日も仕事に行ってきます。

当ブログは、にほんブログ村に参加しています。面白かったと思ったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
当ブログは、にほんブログ村に参加しています。面白かったと思ったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
時事ネタ
スポンサーリンク
nekonabeをフォローする
楽生〜楽に生きるためのライフハック〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました