不健康な暮らしを作ったサービスが終了

デスクトップPCと犬時事ネタ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

テレホタイム何て今の人は知らなさそう。

学生時代にお世話になったサービスが終了したニュースを見ました。

NTTが「テレホーダイ」サービス終了へ - 2024年に固定電話のIP網への移行で
NTTは1月20日、テレホーダイなど現状の固定電話向け通話料割引サービスの提供を、2024年1月にすべて終了することを発表した。固定電話を現在の固定電話網(PSTN)からIP網へ移行することに伴い、「基本的な音声サービスは継続提供しつつ、わかりやすい料金体系へ変更するため」の措置としている。

サービス名は「テレホーダイ」というサービスです。
昔はインターネットを家で楽しもうとする時には電話回線が必須で、インターネットをやっている時には電話料金が従量課金でかかっていました。
この時代は画像1枚表示するのにも数分待つ必要があるくらいの通信速度だったので、始めてしまうとそれなりに長時間利用になることが多かったです。

そうして長時間利用しているとなると、親に「電話料金が高いぞ!お前のせいか」と責められるので、このテレホーダイのサービスを利用していました。

テレホーダイは23時から翌朝8時までの時間に限って、電話料金が固定料金になるサービスです。
この時間はテレホタイムと呼ばれていて、インターネットを使う人はこの時間にいっぱいいました。
利用者がこの時間に集まるので、23時から1時くらいがゴールデンタイムでしたね。

悪い子向け夜更かし量産サービス

自由に使える時間が、23時以降になってしまうので学生時代の私も当然インターネットを楽しめるのは真夜中ということになり、ADSLが登場してくるまでの1,2年は夜更かししまくりの生活でした。

明け方まで夜更かしはしていても、朝は普通に起こされるので半分死んだ状態で学校に行っていた記憶があります。
成績が落ちるとパソコンごと取り上げられる可能性があったので、学校で寝て、家に帰ってきてから23時まで勉強して成績が落ちないようにするという生活をしていました。

今思うと、あの頃の私はなぜあんなに必死になって深夜にインターネットをいていたのか疑問ではありますが、高速通信も全時間帯料金固定の通信サービスがなかった時代は妙に楽しかった記憶があります。

この時の記憶が「インターネット=深夜にやるもの」の図式を作ったのかも・・
通信料が固定になっても、私の生活が夜型なのはテレホーダイが作ったのかもしれません。
そんな私が夜中に活動する切欠を作ったサービスが終了するということで寂しくもありますが、23時から8時までの電話料金固定のサービスなんて今更誰も使わないだろうと思いますのでしょうがないかなという気もします。

逆によく2022年まで持ったなという印象です。
インターネット以外で今まで誰がこのサービス使ってたんでしょうね。
流石に普段使いする人は、インターネットは光回線に切り替えていると思うので、電話で利用しているんだと思いますけど、携帯電話でも通話料固定のサービスがあるこの時代に、固定電話の深夜のみ通話料固定のサービスなんて誰が使うんだ・・

どこ向けの需要で残っていたのか謎なサービスですが、懐かしいサービスが終了するということでちょっとノスタルジーな気分になりました。

当ブログは、にほんブログ村に参加しています。面白かったと思ったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
当ブログは、にほんブログ村に参加しています。面白かったと思ったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
時事ネタ
スポンサーリンク
nekonabeをフォローする
楽生〜楽に生きるためのライフハック〜

コメント

  1. deds より:

    ニフティサーブのフォーラムでよく議論してたわ
    なつかしいな

    • nekonabenekonabe より:

      dedsさん、コメントありがとうございます。
      懐かしいですよね。Yahooとか重かったんで、この時代からGoogle使ってました。
      この時米国株投資できてればと思えてなりません。

タイトルとURLをコピーしました