投資における負の5大感情との付き合い方を考える

鼻血 グー 白目お金
スポンサーリンク
スポンサーリンク

投資をしていると必ず顔を出す5つの感情たち

「儲けた時ほど危険」投資家を悩ます負の5大感情という記事を見ました。

「儲けた時ほど危険」投資家を悩ます負の5大感情
『投資家心理「重視する人」「しない人」の決定的差』の記事でも書いたように、株式投資における勝者と敗者を分けるのは、あなたの心理状態です。テクニカル分析やファンダメンタルズ分析以上に、心理状態が重要で…

投資家といっても、インデックスファンドを毎月1日に10万円ずつ積立してます。という人にはあまり関係がないかもしれません。
個別株の取引きを行う人は、必ず向き合うことになる感情でしょう。
個別株でなくでも、先物でもオプションでもFXでも暗号資産でも何でも良いですが、自身の判断で買い時、売り時を決める場合、5つの感情は必ず出てきます。

迷い:今この瞬間も間違ったトレードをしているのではないか
葛藤(持たざるリスク):このままではチャンスを逃してしまうのではないか
恐怖:このままでは大きく暴落して損するのではないか
欲望:もっとリスクを増やすことで早く稼げるのではないか
過信:自分は賢く、これまで勝ってきたように、これからも負けるはずがない

「儲けた時ほど危険」投資家を悩ます負の5大感情から引用

投資を続ける限り、この感情とはずっと付きまとうことになります。
無かったように振る舞うこともできますが、無くなることは絶対にないので付き合い方次第でしょう。
私が考える負の5大感情の付き合い方を紹介しようと思います。

迷い

この銘柄を買おうかなと悩むことは多いですが、悩んだ挙句に買った結果暴落したり、売った結果、暴騰したりすると落ち込みます。
迷いがある時は取引しないことが正解なケースが多いです。
迷いがある中で取引を行うと、損切にも悩むことになります。
損切に悩んだ挙句にナンピン買いを行うとさらに泥沼化するので、「悩んだら取引しない。」を心掛けるべきでしょう。

最も良いのは取引ルールを決めて、取引ルールに合致したときだけ取引することでしょう。
ルールが決まっていて、そのルールどおりになった時だけ売買する。
悩みようがありません。

葛藤

これはトレンドラインを引いた場合に良く出る感情です。
トレンドラインにタッチした、トレンドラインを天井に下がるといった場合や、トレンドラインのタッチ後に上がるといった場合です。
トレンドラインが有効に機能するか、葛藤することになります。
当然、葛藤している間も市場は取引を続けているので、株価は上下しています。
タイミングは1度しかないかもしれないと思うと、えぇい行っちゃおうと取引してしまうこともあります。

この感情に対応するためには、少量を試しに売り買いするというのをお勧めします。
少額なら、トレンドラインを無視してラインを割り込んでしまっても損切しやすいです。
予想どおりトレンドラインに沿って動くなら、追加で買えばよいです。

恐怖

相場が暴落している中で良く出てくる感情です。
「一体どこまで下がるんだ」という恐怖に耐えきれずに売ってしまうというケースです。

長期投資であればどこまで暴落しても売らない。
短期投資であれば即損切するといった自分の中のルールを決めましょう。
ルールに従って、場数を踏んでいくことで、相場の暴落時も慣れてきます。
「また暴落してるよ」ってな感じです。

よく言われる資金の余裕率を保つことも重要ですが、どれだけ余裕があっても損するのは嫌なものなので、慣れないうちは多額の資産を投資に突っ込むのは止めておきましょう。

欲望

暴騰時に買いで付いていく、暴落時に売りでついていくといったケースもありますが、これは何度も痛い目を見たので私は懲りています。
えてして飛び乗った瞬間が天井で、そこから下がるというパターンになりがちです。

相場が大きく動いている時は、取引しないことをルールにしましょう。
相場から退場しないのが最も大切なことです。

毎月20万以上の儲けを出すといった「目標額」も設定しない方がよいです。
目標額に踊らされて、本来取引しないポイントで売買してしまうことになります。
とりあえず、投資において欲が一番の強敵です。

お金のために投資しているので、欲が一番強いのも当然ですが、お金は数字として考えるしかありません。
いくらあったら何が買えるとか、いくらあれば何年働かなくても生活できるとか考えるのは止しときましょう。

過信

取引が上手くいっているときに陥る感情です。
高学歴だったり、仕事で上手くいっている人が「自分が間違える訳が無い」という謎の自信で相場に参加して消えていくパターンもあります。

投資は勝ったり、負けたりするのが当たり前なので、過剰な自信を感じることなんて無いはずです。
たまに全然負けないゾーンに入ったような状態になることもありますが、ずっと続くわけではないのでいつか負けます。

これは勝っていても取引ロットを急に上げないことで対応するしかないでしょう。
何故か取引数量を増やした時に負けるのが相場です。

投資資金と相談して取引量は決めましょう。買ってるから増やしても良いやと考えると、相場からの退場が近づきます。

終わりに

以上、私が考える投資家を悩ます負の5大感情の付き合いかたでした。
どの感情も投資をしていれば必ず感じるものですので、人間である限りは逃げることはできないです。

矛盾していますが、お金が欲しいという欲を持ちつつ、機械のように淡々とルールどおりに投資するのが一番なんでしょうね。
あぁ機械の体が欲しい~

当ブログは、にほんブログ村に参加しています。面白かったと思ったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
当ブログは、にほんブログ村に参加しています。面白かったと思ったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
お金
スポンサーリンク
nekonabeをフォローする
楽生〜楽に生きるためのライフハック〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました