どうにも信用ならない胡散臭い結果を払拭できるかも。

工事の人時事ネタ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本では終了感があるのに世界ではまだまだ熱い状況

既に終わった感もある新型コロナウイルスですが、世界では猛威を振るっています。
韓国やヨーロッパでは感染収束どころか感染者ピークの有様です。

ロイターニュースから引用

それに比べて我が国日本はというと、12月7日時点で全国115人の感染者数ということのようです。
最近は毎日100人程度で推移しているので、殆どニュースにもならなくなりましたが毎日新型コロナウイルスの感染者数のニュース見る度に「少なすぎて何か胡散臭いな」と思ってしまいます。

検問でも作ってローラ作戦したらどうだろう。
感染者数がどうにも胡散臭いので、何か新しい仕組みが欲しい。飲酒検査のように呼気を利用して、十数秒で新型コロナウイルスの感染有無を判定する検査機器の開発が進められているそうです。どうやって、検知するのかなと思っていま...

お隣の韓国は人口5000万人程度で12月6日の感染者数は4,325人です。
アメリカも12月6日の感染者数は188,214人で1月時のピーク程ではありませんが、かなり増えてきています。
日本と人口が近いメキシコの12月6日の感染者数は意外と少なくて752人です。
日本は殆ど全員マスクを常にしているし、感染対策に気を配っているから感染者が少ないと言われていますが、最近は通勤時間の電車も普通に混雑しています。

通勤時間帯は既にソーシャルディスタンスなんて守れるような状況ではありませんし、電車内でも普通に咳をしている人がいっぱい乗っています。
忘年会をやろうとする上司も居ますし、それ程他の国と大きな違いがあるようには思えません。https://nekonabe-blog.com/211201/3255/

そんな状況で、東京の感染者数が19人とはとても思えません。

誰がこの仕事やるんだろう。

検査数少な過ぎるから19人しか見つからないのであって、もっと検査すれば実はいっぱい居るんじゃないかと常々思っていますが、こんなニュースが出ていました。

下水中のオミクロン株を検出へ 塩野義、早期把握に貢献 | 共同通信
塩野義製薬は7日、下水の中の新型コロナウイルスを検査し、流行状況をモニタリングするサービスで、オミク...

下水の中の新型コロナウイルスを検査し、流行状況をモニタリングするサービスがあるようです。
下水サーベイランスといって、政府でも実施を推進しているようです。

下水中には人由来の新型コロナウイルスが存在することから、下水サーベイランス(下水中のウイルスを検査・監視すること)により、地域の新型コロナウイルス感染症のまん延状況の把握や、特定の施設における感染有無の探知等を行い、効果的・効率的な対策につなげられる可能性があり、国内外で下水サーベイランスに関する研究・取組が行われています。

内閣官房「新型コロナウイルス感染症対策」から引用

下水中のウイルス検査を行うことでまん延の状況が確認できるということで、「意図的に検査数を少なくすることで、母数が小さいから感染者数が少なく出てくる」といったズルができなくなります。
全世帯が一切排泄しないで我慢し続けるなんてありえないので、恣意的な結果は絶対出ないでしょう。

北海道大学と塩野義製薬が今年に入って発表した、検出感度が従来法と比べて100倍高い方法が2020年から使用可能であれば、第1波は4月11日、第2波は7月11日に感染の拡大を下水調査により検知可能であったとの結果が得られました。

日本医療研究開発機構「プレスリリース」から引用

下水サーベイランスによって流行前に検知することも可能だそうなので、私の住んでいる地域でも検査してもらいたいものです。

それにしても、「下水中のウイルスを検査する」とあっさり言ってますが、どうやって検査するんでしょうね。
まさか人が下水汲みに行くとは思えませんが、もし誰かが汲みに行っているなら「う〇こが混ざった水を汲みに行く仕事」です。かなりシンドイ仕事ですね。

実際あったら幾らもらえるのか気になりますが、幾らもらえたらやりますか?
私は結構鼻が利く方なので、この手の臭い系の作業は相当高額出ないと出来ませんが、1日10万円くらい出ればやっても良いかなという気がします。
セミリタイアで月に1日、下水を汲んで10万円稼ぐ仕事が成立すれば検討に値しますが、実際仕事になっていてもそんなに出ないでしょうね。

当ブログは、にほんブログ村に参加しています。面白かったと思ったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
当ブログは、にほんブログ村に参加しています。面白かったと思ったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
時事ネタ
スポンサーリンク
nekonabeをフォローする
楽生〜楽に生きるためのライフハック〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました