炎上の燃料にするにはちょっと小粒な陰謀論

何か企んでいるライオンくん 雑記
スポンサーリンク
スポンサーリンク

極端な主張は陰謀論になりがち

国の借金を減らすには「富裕層の財産没収」しかない・・・と言う記事を見ました。
こういった極端な主張は陰謀論的な話になりがちで、都市伝説くらいの考えで見た方が良いと思います。

国の借金を減らすには「富裕層の財産没収」しかない…日本の将来に待ち受ける「論理的な帰結」を解説する マイナンバー、インボイス制度、新紙幣発行…
1200兆円を超える政府の債務残高を減らすにはどうすればいいか。会計学博士の榊原正幸さんは「ハイパーインフレか財産税課税の2つしか方法はないが、前者より後者のほうが被害は小さい。これは言い換えれば富裕層から財産没収を行うということだ」という...

ただ、一応普通の人間より資産を貯め込んでリタイアしている・・
もしくは資産を貯めている最中のリタイア志望の人間からすると、全く関係ない話でも無いだろうと思いますので、今日はこの話をしていこうと思います。

炎上するほどではない陰謀論

記事で主張されているのは、日本の債務は1,200兆円もあるからもうハイパーインフレか国民の資産に課税するしか手立てが無いと言っています。

で・・ハイパーインフレより財産に課税される方がマシやろといった論調で語っています。
マイナンバーカードの発行や、新紙幣の発行、インボイス制度の開始は全て財産没収の準備だ~という陰謀論的な結論で終わっています。

私の私見としては・・

これを読んだ私の感想としては・・
うーん、炎上狙いにしては内容が面白くないといったところでしょうか。
著者が会計学の博士です。
会計的な面からこの国のバランスシートを見たら「この国オワコンだな。」と思うのは分かります。
それで極端なことを言い始めたという感じにも見えます。

とは言え日本の財政が終わっているのは、何年も前から分かっていたことですし、正直今更です。借金はGDPの2倍を超えましたし、既に課税を強化して絞り取って、返済してなんとかしようというレベルではありません。

極端な方針変更はしたくないので、今後も騙し騙し国民への給付を減らして、吸い上げは強化する「誰得」な状態が続くでしょう。
収入と支出のバランスを取らないと国際的な信用の問題になりますし、国債の暴落は即金利の上昇になります。1度上がり始めたら止まらないのが悪性インフレです。

早速、コロナ後の増税についての噂が出回り始める。
上げる前からの大騒ぎが始まる。 ブルームバーグやロイター、日本経済新聞では報道されていないので噂レベルだと思いますが、以下のような記事を見ました。 コロナの収束後に消費税が15%に増税されるのではという内容なんですが、以前「給付金のおかわり...

今の日銀に打てる手はないでしょうから、悪性インフレが発生したら止める手はないでしょうね。

政府が徴税を強化しようとしているのは間違いないと思います。
特に新紙幣の発行は、タンス預金を許さないという効果としては十分な効果があります。
暫くは旧紙幣も使えるでしょうが、時間が経った後に、今後旧1万円は使えなくなりますと言い出す可能性は十分にあります。

タンス預金を銀行に預金すれば即捕捉されます。
銀行の預金の出入りを捕捉するのは、国からすれば簡単なので不自然なお金の出入りはすぐバレるでしょう。

ですが、著者の言っていることについては、多少同意できることもありますが、基本的にそうはならんやろが私の感想です。

特に財産課税の部分ですね。
日本は2重課税を禁止しているので、課税後のお金に再度課税するというのは反発が大きいでしょう。
もし課税されても、4,000万、5,000万の少額に課税するということはまず無いはずです。
老後の貯金しかない年金暮らし世帯でも、そこそこの割合で4,000万、5,000万くらい持っていますが、その家庭にも満遍なく課税すれば、働けない世帯の生活が困窮することになります。

また、一番大きい理由が、政治家も普通に資産4,000万、5,000万くらいなら持っているんですよね。
政治家は自分のお金を取られることには全力で抵抗するでしょうから、この程度の少額への財産課税はまずないでしょう。

それ以上のお金持ちに課税しようとしても、国外に逃げるだけなので意味がありません。
ハイパーインフレと、課税のどっちが良いかみたいな恫喝は起きないと思います。

現状よりどんどん状況が悪くなり、どこかのタイミングで国債価格の暴落、金利の上昇、ハイパーインフレ発生の流れが一番ありそうなシナリオです。

その時は持っている外貨を円に変えて生活するだけなので、既に課税した後のお金に更に課税するとか馬鹿なことをせずに、普通にハイパーインフレにでもなってくれた方がまだマシです。
日本もドルをはじめとした外貨を大量に抱えています。
国の人間が余程の馬鹿でなければ、外貨を紙くずになった日本円に変えて、1,200兆の借金を全額返済するでしょう。

課税強化なんて無駄な延命措置にしかならないので、さっさとハイパーインフレにして借金返済した方が遥かにマシです。
ハイパーインフレを長引かせると地獄ですが、一気に財政状況を好転させれば比較的早期に金利も元に戻るでしょう。

ということで、私はハイパーインフレの方がマシですという結論になります。
勿論、これからリタイアするのに虎の子の財産に課税されるのはタマランというのもありますけどね。

当ブログは、にほんブログ村に参加しています。面白かったと思ったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
当ブログは、にほんブログ村に参加しています。面白かったと思ったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
雑記
スポンサーリンク
シェアする
nekonabeをフォローする
楽生〜楽に生きるためのライフハック〜

コメント

  1. いくい より:

    自国が自国に借金して返した国なんかないんじゃないかと思うよ。永遠に借り直していってるだけで
    それで100年もすればただみたいな値段になって問題にならないわけで
    外国に借金したら即アウトだけど

    • nekonabe より:

      いくいさん、コメントありがとうございます。
      今後、国債が永久債とか1000年債で発行される可能性はありますが、そうなると国債格付けは確実に投機レベルに落ちるでしょうね。
      そうなれば、日本の保険会社や海外の保険会社がポートフォリオに組み込んでいる日本国債も売り払われることになるので、100年も待たず国債価格は暴落、合わせ技でヘッジファンドの日本売りでめでたくハイパーインフレになりそうです。
      MMT論者は国内で完結すれば問題ないとか言いますが、んなわけがありません。
      あれはファンタジーだと思っています。

タイトルとURLをコピーしました