そこまでやらないだろうと思っていたらアッサリ侵攻した。

戦っているうさぎFX
スポンサーリンク
スポンサーリンク

そこまでしないと思いきや、ロシア軍はウクライナへ侵攻

ロシアがウクライナ侵攻した場合は、相場が大きく下げるという話を以前していました。
そうは言っても、ロシアもそうそう武力侵攻なんてしないだろうと考えていました。
しばらく緊張状態が続いたのち、投資家も徐々に買いに戻っきて相場も落ち着きを取り戻していくのだろう思っていましたが、割とあっさりロシアがウクライナ東部へ侵攻しましたね。

ロシア軍、ウクライナ侵攻 プーチン氏、軍事作戦発表―米欧反発、追加制裁へ:時事ドットコム
【モスクワ、イスタンブール時事】ロシア軍は24日、ウクライナへの本格侵攻を開始した。ウクライナの北大西洋条約機構(NATO)加盟阻止を目指し同国に対して圧力を強めてきたロシアが本格的な軍事侵攻に踏み切ったことで、事態は新たな局面に突入。米欧など西側諸国は激しく反発し、世界の安全保障は冷戦後最大の危機を迎えた。

こういう時は核保有国は強いですね。
核兵器を持ってるから西側諸国から問答無用でミサイルで反撃されないだろうと考えているので、結構思い切った動きをします。

こういう動きを見るとロシアがお隣の日本も核の1つでも持っておいた方が、いざ攻められそうだという時に抑止力になるので良いと考えてしまいます。
ですが、日本は核アレルギーだから難しいんでしょうね。
広島と長崎が黙っちゃいなそうです。

日経平均株価もNYダウ平均株価も酷いものです。
あっさりとレンジ下限を下抜けていきました。
詳しくはまた週末に考えることにしますが、流石にここまで下げてくると前月比マイナスになりますね。

不動産や所得税の支払いも控えているので、相場が絶好調だったとしても大幅に資産額はマイナスになる想定なのに、ウクライナ侵攻で資産評価額まで下がっていくとは、ダブルパンチどころかトリプルパンチです。
不動産購入後も6000万円くらい資産を残す前提でしたが、ここまで下げると資産評価額で6000万円も残らないかもしれません。

とはいえ、為替の方はシナリオ通り

週末に投稿した2月21日週の取引方針では、114.5円で買い、116.0円で売りの方針を立てていました。

スッキリ一方向の取引ができない環境になってきている。
2月14週のドル円(USD/JPY)は最終的には30pips程度下落2月14日週はストキャスティクスがデッドクロスしたこともあり、売り目線での取引を考えていました。ロシアのウクライナ侵攻がありそうで情勢がかなり緊迫化してきたので、...

2月22日と2月24日に2回114.5円にタッチしました。
とは言え、どっちに転んでもおかしくない情勢だったので余力を十二分に取って20万ドル程度しか取引しませんでしたが、2回50pips取れました。

ドル円(USD/JPY)1時間足チャート(Trading Viewから作成)

先程ドルが急騰して115円を超えてきたので、2回目の利益確定をしました。
あれよあれよといった間に115.4円まで上昇してきましたが、取り合えず今週は100pips取ったのでもうやめとこうかなといった状態です。

また週末に今後の取引方針を考えようと思います。
ドルも円も買われて大きく動かないかなと思っていましたが、意外に上下に振れているのであまり決め打ちしない方が良いかもしれません。

私の意見を記載したものですので、実際の投資は自己責任で行ってください。

当ブログは、にほんブログ村に参加しています。面白かったと思ったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
当ブログは、にほんブログ村に参加しています。面白かったと思ったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
FX
スポンサーリンク
nekonabeをフォローする
楽生〜楽に生きるためのライフハック〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました