不確定要素まできっちり計画してFIREする人間などいない。

階段を登る人雑記

カリスマが亡くなりました。

記事タイトルと関係ありませんが、カリスマが亡くなったので触れておきます。
すぎやまこういち氏が90歳で9月30日に亡くなったそうです。

すぎやまこういちさん死去 作曲家、ドラクエなど
人気ゲームソフト「ドラゴンクエスト」シリーズの音楽などを手掛けたことで知られる作曲家のすぎやまこういち(本名=椙山浩一)さんが9月30日、敗血症性ショックのため死去した。90歳だった。告別式は近親者で行った。同シリーズを発売するスクウェア・エニックスが公式サイトで発表した。東京都出身。お別れの会を行う予定だが、日程など...

ドラゴンクエストは今もシリーズをプレイしている超名作シリーズですので、今後の作品ですぎやま氏の音楽が無くなるかと思うと寂しいです。
名曲揃いなので、曲自体は再利用されてずっとシリーズで使われ続ける気もしますが・・
ドラゴンクエストのオーケストラでもYoutubeで聞きつつ、ご冥福をお祈りしたいと思います。

「FIRE達成だけを考える人」の甘すぎる人生設計

またFPがFIREに挑戦する人達への煽り記事を書いていました。

「FIRE達成だけを考える人」の甘すぎる人生設計 | 家計・貯金
中国恒大集団の債務不履行(デフォルト)への懸念をきっかけに、株式市場の先行きが不透明になっています。一時的な値下がりなのか、金融危機に発展するのか注目が集まっています。若い世代を中心に関心が高まるFIR…

FPしていてFIREしている人を見かけないので、余程FPの仕事が面白いのか、FPなのに自分の資産も碌に増やせないのかのどちらかだと思いますが、妙にFIREについて挑戦的な書き方をする人がいるのは何ででしょうね。

このFP曰く、市場の暴落、結婚(と子育て)、親の介護でFIREが失敗する可能性があるらしいです。
FIREを目指しながらも、FIREできなかった場合のプランも考えておいた方が良いというオチで〆られています。

1つづつ見て行こうと思います。

市場の暴落

私はどちらかと言うと市場の暴落があった後にFIREしたいと考えています。
その理由については以前書いた記事を参照していただければと思います。

セミリタイアするなら恐慌直後にしたい。
今は相場が良すぎる。最近は株式相場が良いことやビットコインの暴騰などで、億り人が続々と誕生しているようです。相場が良いのは投資をしている私からしても良いことですが、現在は少々相場が良すぎるとも思っています。まずないと思いますが、今...

また、市場の暴落後も資産の損切を防ぐために一定額以上の現金を生活防衛資金として準備しています。
額で言うと年間生活費の3年分程度です。
現在はこれに加えて家を買う可能性を考えて不動産購入の頭金を預貯金で持っているため、ポートフォリオは現金が厚めになっています。
市場の暴落時は、この生活防衛資金を取り崩しつつ、短期投資や短期バイトで小銭を稼いで凌ぐ予定です。

結婚(と子育て)

結婚については、FIREを目指している人間ならパートナー選びは最も慎重になると思います。
FIREのために普通の人より多くの資産を持っているので、パートナーの金銭感覚に敏感になるのは当然と言えば当然です。
また、1度結婚してしまうと駄目だと思っても離婚するのは大変ですので、パートナーもFIREを目指していて、目指しているだけでは無く計画通りに資産を形成しているパートナーでなければとても結婚しようとは思えないでしょう。

子育てについては完全に趣味の領域なので、パートナーと話し合ってやりたいならやれば良いと思います。FIREを目指していた者同士が結婚する場合は、支出も既に最適化されているでしょうし1人でリタイアしても問題ない前提で考えていたものが、2馬力になるので子供の1人、2人育てる余力はありそうです。

結婚や子育てについてはFIREの障害というよりは、したければすれば良いし、避けたければ避けれるものなので、結婚や子育てをするならばFIREの計画を柔軟に変更していけば良いと思います。
1人で実施するわけでは無いので、1人でFIREしようとするより逆に楽になる可能性もあります。

親の介護

親の介護費用を負担する可能性については、FIREをする前に両親と話し合っておく必要があると思います。
逃げ切り計算機2で、以下の場合を考えてみます。

  1. 年齢45歳、現在の貯蓄額6000万円、年間利息3.0%、インフレ率1.00%で年間の生活費が240万円、年金が65歳から年96万円の場合
  2. 年齢45歳、現在の貯蓄額6000万円、年間利息3.0%、インフレ率1.00%で年間の生活費が240万円、年金が65歳から年96万円、これに加えて介護費用が50歳から60歳まで年間生活費にプラス100万円された場合

1の場合は93歳まで資産が持ちますが、2の場合は79歳で資産が尽きます。

これは超危険な要素です。しかも10年で介護が終わるかは分かりません。
親の介護をするのは100歩譲ってやるとしても、費用は親に自分で出してもらうのがベストだと思います。
親が認知症になると銀行口座が凍結されてしまうので、信託銀行等を使用して認知症になった後の介護費用を引き出せるように契約しておいた方が良いでしょう。
私も一時的に建て替えるのも嫌だったので、両親とは話し合いをして信託銀行に医療費、介護費、社会保険料を支払い可能な口座を準備しています。

終わりに

一応、FPの煽りで問題になりそうな内容については対処を行っています。

フリーターの過程に意味は無いが、FIREは過程にも意味がある。
全然似てなくて草フリーターブームと今のFIREブームが似ているという記事を見ました。バブル終盤の1990年代にあったフリーターブームが今のFIREブームに似ているというという内容が書いてありましたが、何がフリーター...

FIREのための貯蓄や節約、投資については無駄にはならないので、もし途中でFIREを断念するようなことがあっても、何ら問題は無いと思います。
計画途中でそこから無理矢理リタイア生活に突入してしまうと問題が発生するかもしれませんが、それも覚悟の上でリタイア生活に入るのであれば、バイトして稼いだり、超節約生活したり何だかんだで楽しんで生活できそうな気がしますので、「こんなはずじゃなかった・・・」と言うほど悲観的な状況にはならないと思います。

当ブログは、にほんブログ村に参加しています。面白かったと思ったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
当ブログは、にほんブログ村に参加しています。面白かったと思ったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
雑記
nekonabeをフォローする
楽生〜楽に生きるためのライフハック〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました