機械の体は欲しいですか。

AIロボット雑記

体は豚で脳は機械とかカオス過ぎる。

昨日、豚の臓器を移植して生活するようになるかもしれないという話をしましたが、今日は機械の脳が実現するかもという話をしようと思います。

「機械の脳」が現実に? 現実味を帯びてきた脳の人工再現――東大研究者たちが講演
LINK-Jは「脳は人工的につくれるのか?〜脳の情報処理のフロンティアに挑む」と題したトークイベントを開催。「意識を機械にアップロードする技術」など、最先端の脳研究を披露した。

脳神経科学者が意識を機械にアップロードする技術の実現を目指しているようです。
脳科学者は「脳は人工的に作れる」と考えているようで、人間のように考える機械の脳を作るというよりは今生きている人間の意識を機械にアップロードして機械の脳を作る方向で考えているようです。

どうやって脳のデータをアップロードするのかなと思っていましたが、右脳と左脳をつなぐ脳梁にCMOSセンサーを差し込んで接続する方式を取るみたいです。

脳画像(フリー素材から引用)

ロボトミー手術みたいで気持ち悪いですが、特許も取ってるみたいです。
脳梁にCMOSセンサーを付けて、何の影響も無いかはわかりませんが機械に意識がアップロードできれば、肉体は不要になってデータとしてアップロードされた自分の意識が消えるまでは生きられるようになります。

不老不死と言えるかもしれませんが、意識だけアップロードされていても何するんでしょうね。
昔、ルパン三世に「ルパンVS複製人間」という映画がありましたが、この映画に出てきたマモーの本体は脳みそで、作業は自分のクローンが行っていました。
自分の考えたことを実現するための手足になるものがあれば、不老不死と言えるかもしれません。

マモー本体(映画「ルパン三世 ルパンVS複製人間」から引用)

アウトプットが可能な機械が無いとひたすら考えるだけでやることがないので、意識をアップロードしても早々に自我が崩壊しそうです。
ネット位見られれば、ネットサーフィンと動画閲覧だけで自我崩壊はしないかもしれません。

というよりこの技術が実現した場合、アップロードされた意識の保守にどれくらいお金がかかるのかが気になります。
もしかしたら、自分の意識のデータを守るために、アップロードされた意識になっても仕事をする羽目になっているかもしれません。
そうなったら、「リタイア=死」になるので、自分が満足したら仕事を辞めて死ぬようになるかもしれません。
ですが、体が無くなっても結局生活のために働くようになるのかと思ったらちょっと切なくなりました。

当ブログは、にほんブログ村に参加しています。面白かったと思ったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
当ブログは、にほんブログ村に参加しています。面白かったと思ったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
雑記
nekonabeをフォローする
楽生〜楽に生きるためのライフハック〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました