2021年が始まりました。新年の目標でも立ててみます。

初日の出雑記

新年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

2021年となりましたが、既に30代の私はあまり感じるものはありません。
学生時代はお年玉がもらえたりするので楽しいイベントでしたが、社会人になるとあげる側に回ることになるので、ただの出費イベントです。
かと言って苦痛かといえば、少子化の影響かあげる親戚がそれほど多くないので、大した額にはならないため苦痛を感じるほどの出費イベントでもありません。

私はお年玉は基本的にあげるようにしています。
積極的に会いに行ってまであげたりはしませんが、会ってしまったらあげる感じですね。
セミリタイアを目指していても、人にプレゼントを贈るようなイベントにまで節約の考え方は持ち込みたくないですね。
親戚連中にケチだと思われるのもアレですし。

新年になったので、今年の目標を考えてみようと思います。

新年の目標

昨年ブログを始めたので、ブログを続けていれば2022年になった際に、今日立てた目標を後から確認することもできるため、目標の設定をしようと思います。

2021年の目標

  1. 運用利益8%以上
  2. サラリーマン仕事の省力化
  3. 睡眠時間を毎日6時間以上取る。

運用利益8%以上

セミリタイアを目指しているため、当然資産の運用状況については目標に入れたい内容です。
どんな相場であっても4%は堅守したいものですが、目標なので倍の8%にしたいと思います。

2021年は中国がきな臭い感じがするので、中国が震源の経済ショックが起きるかもしれません。
ブルームバーグのニュースに、以下のような記事がありました。

中国、不動産向け銀行融資に上限-リスク抑制で金融の安定確保
中国当局は不動産セクターへの銀行融資に初めて上限を設ける計画だ。この数年は不動産価格の抑制策を相次いで講じてきたが、購入意欲を弱める効果は乏しかった。システム全体に及び得るリスクを抑制し、金融の安定を確保する新たな取り組みとなる。

中国の不動産セクターへの銀行融資に上限を設ける計画ですが、日本のバブル崩壊時も1990年3月に不動産業への総量規制を設定しています。
これだけがバブル崩壊の原因ではありませんが、原因の1つにはなっていると思われるため、中国の経済ショックの原因の1つになる可能性はあります。
どちらも金融機関向けに不動産業者への融資を規制するルールですので、中国の過熱した開発熱を冷ますかもしれません。

サラリーマン仕事の省力化

これは去年もそうでしたが、今年も継続します。
有給休暇は全て取り、残業は極力避けるスタイルです。

セミリタイアを目指すなら有給休暇は全部使おう。
有給休暇は理由もなく全部使おう。セミリタイアを目指す方ならば、労働って素晴らしい!超大好きっていう方は少数派だと思いますので、有給休暇は全て使うべきです。用事なんて無くても良いですし、寝て体力を回復したいだけでも良いです。セミリタ...

あと数年でセミリタイアするのにサラリーマン仕事に注力する必要がありません。
そんなことをする時間があるのであれば、セミリタイア時に必要なことに注力したいものです。

睡眠時間を毎日6時間以上取る

これは記載したとおり毎日6時間以上寝るのが目標です。
1日8時間睡眠が必要と言われていますが、私は6時間くらいが日中眠くならない睡眠時間です。
平日は仕事から帰ってきた後、家事をしたり、ゲームをしたり動画を見たりとついつい遅くまで起きているため睡眠時間が4、5時間ということが多いです。
その結果休日10時間以上寝ることが多いため、6時間寝ることを目標にしました。

セミリタイア後に今のように不規則な睡眠時間だと、まず間違いなく夜に起きて日中眠る生活になりそうです。
そうなると仕事という無理矢理にでも朝起きないとならないイベントが無いので、生活習慣を矯正できない可能性があります。

出来るだけ毎日一定の睡眠時間にして、規則正しい生活を送りたいものです。

当ブログは、にほんブログ村に参加しています。面白かったと思ったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
当ブログは、にほんブログ村に参加しています。面白かったと思ったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
雑記
nekonabeをフォローする
楽生〜楽に生きるためのライフハック〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました