今更ね。週5で会社に行くのは無理ってもんです。

駅構内の雑踏雑記

コロナ禍で在宅勤務が始まって数カ月経ちます。
在宅勤務が始まった頃は、行かなくても良いの最高だな。と思っていましたが、人間慣れるもので既に行かないのが当たり前になってきました。

それだけに会社に行く日は、本当に気が重い・・
日曜日の夜を煮込んで濃縮したみたいに行きたくない。

余りにも行きたくないので、何か会社に行くメリットがあるのではないかと思うことにして、考えてみました。
私が思う出勤のメリットは以下の3つです。

1.通勤が運動になっている。
2.会話が発生する。
3.町の変化が分かる。

通勤が運動になっている。

在宅勤務が続くと歩かない生活になりがちです。
私の場合、在宅勤務時にはスマホの歩数計で2000歩くらいしか歩いていませんが、出勤時は何だかんだで1万歩ほど歩いていました。

出勤時は運動している感じはしていませんが、それなりに歩いているので、実は出勤で歩くのは健康に良いのかもしれません。
在宅勤務時に特に目的もなく、日常的に散歩をするというのもなかなかハードルが高いので、何か毎日歩かなければならない用事を作った方が良いかもしれません。

今は家から出れないのでNintendo Switchのリングフィットアドベンチャーをプレイして運動代わりとしています。
頑張ると翌日筋肉痛になるくらいはキツいので、運動代わりにはなっていると思います。

会話が発生する。

1人で家に居ると誰とも喋らず1日が終わるということが結構あります。
電話が掛かってくれば会話が発生しますが、会話よりチャットの方が多いのであまり話す機会はないものです。
1人でいると独り言が増えますが、独り言なので当然返事は返ってきません。
職場だと返事が返ってくるので、その点はメリットかもしれません。

だけど、私の独り言に返事しなくても良いんだぞ。後輩よ・・

町の変化が分かる。

出勤時に外に出ると、町の変化が分かります。
町の微妙な変化が確認できるのはメリットかもしれません。
最近は飲食店がどんどん潰れていて、通勤経路のそこかしこでテナント募集の貼り紙がしてあるのを確認できます。

さすがにこれだけコロナ禍が長期化してしまった上に、緊急事態宣言下の飲食自粛ムードで耐えきれずに潰れてしまった飲食店が多いようです。
気のせいかもしれませんが、町の匂いも以前とは異なるような気がします。

終わりに

メリットをいくつか記載しましたが、あくまで偶に行くからメリットと感じるだけで、毎日だと特にメリットには感じないでしょう。
出勤時の移動が運動になるというのは移動が減ったためにメリットと思うだけで、毎日していると単純に面倒なだけです。

毎日通勤していれば町の変化を気づくことはないでしょう。
死んだ魚の目で会社まで行くだけです。

現状の通勤が無い暮らしに慣れてしまったので、今後毎日出勤することになった場合はかなりの苦痛が予想されます。

先進的な企業はオフィスを縮小して、交通の便が良い場所に移転したりしています。
しかし、そこまでする会社は少数でしょう。
そこまで対応してくれれば社員は、今後も週5の通勤は無いなと安心できます。

一部の先進的な会社以外は、何だかんだと結局コロナ前の状態に戻るのではないかと、今から戦々恐々としています。

当ブログは、にほんブログ村に参加しています。面白かったと思ったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
当ブログは、にほんブログ村に参加しています。面白かったと思ったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
雑記
nekonabeをフォローする
楽生〜楽に生きるためのライフハック〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました