社債を取り扱うサービスが開始されたのでとりあえず確認してみる。

一万円札お金

3月12日からサービス開始

定期社債を取り扱うサービス「Siiibo」が3月12日からサービスが開始されました。
サービスとしては、少数の投資家から私募の社債に投資し利益を得るもので、購入した社債は購入後半年でそのまま保有するか、換金するかを選択できる定期社債のようです。

債券の形態としては私募債に当たるものです。

私募債とは、証券会社を通じて広く一般に募集される公募債(不特定多数の投資家を対象)とは異なり、少数の投資家が直接引受する社債のことをいいます。

私募債は有価証券であり、銀行借入による資金調達(間接金融)とは異なり、資本市場からの直接的な資金調達(直接金融)の一形態と位置づけられています。

参照:三井住友銀行HPから引用

個人から資金を集めて事業に使用する形は、貸付型のソーシャルレンディングに近いような気がします。
貸付型のソーシャルレンディングは私も投資したことがあります。
利率が8~10%とそれなりに高いものは、満期前に全額返済してくる案件が多かったので、意外と利益が取れないことがあります。
また、案件の精査が甘いのか破綻して元金の一部が回収できなかった案件もありましたので、ソーシャルレンディングは結構リスキーな投資だと思います。

投資前にどういった事業に何の目的で貸し出しするのかザックリとした概要しか書かれていないため、投資する側もじっくり考えることが難しいです。
まともな会社なら高利を払って個人から資金を集めるより、銀行から融資を受ければ良いと思うので、ソーシャルレンディングで資金を集めようという会社は、銀行から融資を断られた信用力が怪しい会社であるとも判断できます。

意外とリスキーな割にあまり儲からないので、私はソーシャルレンディングは既にやっていません。
最盛期は10以上の案件に並行して投資して、月に数万円ほど利益がありましたが元金の一部が回収できなかった案件があったので、危険を感じて投資を止めました。

Siiiboはどんな投資か。

一般の証券会社で購入できる社債は公募債と言って、ソフトバンク等の有名企業の社債しかありません。
公募債は格付け会社から格付けを受けているので、格付けを確認して社債の安全性を確認して投資が出来るので、比較的に固い投資です。
一般的には個別株>社債>国債の順でリスクがあります。

Siiiboで扱っているのは私募社債になります。
50人未満の少人数に限定して募集している社債で、少人数に対して募集するので期間、金利、償還等がある程度自由に設定できるところが利点ですが、格付け等は行われないため投資判断の指標がないため、投資家個人で投資するかを判断する必要があります。
上記のリスクでいうと、私募社債>>>個別株>社債>国債くらいリスキーでしょうか。

貸付型のソーシャルレンディングと異なり、社債であるため満期までは利息が受け取れるのはメリットだと思います。

社債募集する企業についてはSiiiboが審査するようですが、この会社の審査能力がどの程度あるのか未知数なのもリスキーだと思います。
貸付型ソーシャルレンディングのmaneoの様に多数の破綻案件の審査を通してしまうような企業だと、投資にかなりのリスクが伴います。
リスクに見合った利率であれば良いのですが、ホームページを確認する限り1~3%程度の利率しかないようなので、最低上場企業クラスかそれに近い信用力が無いと投資は難しいでしょう。

SiiiboHPから引用

まとめ

幾つか懸念点はありますが、登録しておくだけならタダなので登録してどんな会社の社債があるか確認してみようと思います。

私がHPを見て懸念した点
1.Siiiboの社債発行企業の審査能力
2.最低投資金額が100万円と結構大きい。
3.危険を感じて中途換金しようとしてもすんなり換金できるか。
4.募集企業側からも投資家の審査があるらしいので、断られたら無駄な精神的ダメージを受けそう。

募集している会社の情報は公開できないようなので、確認したい場合は個別に登録して確認してみてください。

私の意見を記載したものですので、実際の投資は自己責任で行ってください。

当ブログは、にほんブログ村に参加しています。面白かったと思ったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
当ブログは、にほんブログ村に参加しています。面白かったと思ったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
お金
nekonabeをフォローする
楽生〜楽に生きるためのライフハック〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました