毎年の恒例イベントの「ここ」が嫌いなポイント3つ

中年男性 頬杖 嫌そう 時事ネタ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今年も1年で最も憂うつなイベントが始まる

今年も1年で最も憂うつなイベントが近づいてきました。
聖バレンタインが処刑された日じゃありませんよ。
アレです。アレ

「か」で始まって「く」で終わるアレです。

ポプテピピック 6巻 P87から引用

確定申告です。
本当にこれが毎年嫌で嫌でしょうがありません。

何でこんなに確定申告が嫌なのか今日は考えていこうと思います。

確定申告が嫌いなポイントその1

そもそも確定申告は、前年の1月1日から12月31日までの1年間に生じた所得の金額とそれに対する所得税等の額を計算して確定させる手続を行うことです。

社畜の場合は、源泉徴収されているため確定申告しなくても良い場合が多いんですが、私はFXの利益を申告しないといけないので、確定申告によって不足分を精算しないといけません。

2024年の確定申告は2月16日(金)から3月15日(金)までです。

国税庁 確定申告・還付申告から引用

期限は1か月と短いです。
これが、第1の嫌なポイントですね。
始まる前から嫌すぎてずっと頭に残っているので、ウッカリ忘れたことはありませんが、期限が短いのでバタバタ準備することになります。

個人的には期限が決められているという時点で嫌なイベントです。
還付を受ける場合は1月4日からできるので、同じ期限感で良いだろと思います。
1か月しかないのと、3か月あるのでは余裕が違います。

何なら2024年中に申請すればOKくらいの緩さにして欲しいものです。
延滞税で余計なお金払いたくないので、サッサと片付けますが1年くらいなら延滞税を免除にしてくれるでも良いですよ。

還付と同じく5年の間なら、いつやってもええんやで位は言って欲しいくらいです。

確定申告が嫌いなポイントその2

確定申告が嫌なのは単純に面倒くさいってところです。

経費処理できる領収書をまとめるのも面倒ですが、一番嫌なのは毎年申請フォーマットが微妙に違うところです。
微妙に制度が変わって入力項目が変わったり、画面が微妙に違うのも面倒なポイントです。

毎年同じ作業をするのに1回覚えても、去年の時と何か違うというのはストレスです。

e-TAXで電子申請できるようになったのは良いんですが、兎に角面倒です。
ユーザーインターフェイスも誰が設計しているのかユーザーフレンドリーとはほど遠いです。

添付書類が申告書に直接添付できないのも謎です。
何で別に処理しないといけないんだ?

賭博堕天録カイジ 1巻 1話から引用

どこに鼠が潜んでいるか分かりませんが、とにかく使いづらい。
使いづらい上に、何か微妙に変わるので腹立つ。

こんなことを思っている人もきっと多いでしょう。

確定申告が嫌いなポイントその3

確定申告が嫌いなポイントの最後はお金を払わないといけないからです。
課税所得の20.315%支払う必要があります。

今年の増税メニューで延長された.315の部分が毎年腹立たしいです。

金を払うのに面倒くさくて、期限が短い。
遅れれば余分に払わないといけないというのがストレスです。

還付処理でお金が戻ってくるなら、多少面倒でも「仕方ない」と頑張りますが、支払うのに処理が面倒くさいのは腹が立ちます。

終わりに

というわけで、2024年の確定申告の前に確定申告が嫌なポイントを愚痴らせてもらいました。

増税メガネが考えた減税は弱すぎて気付かれない。
増税メガネが考えた最強の減税メニューは貧弱 増税メガネでお馴染みの岸田首相がようやっと減税策を考えたようです。内容を見てみましたが、所詮は増税しか考えていない増税メガネの浅はかさで、あまり効果が実感できないものになりそうです。特に社畜の実感...

今年の確定申告は増税メガネが所得税3万円、住民税1万円を減税してくれるらしいので、ちゃんと減税されているかちゃんと確認したいですね。

当ブログは、にほんブログ村に参加しています。面白かったと思ったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
当ブログは、にほんブログ村に参加しています。面白かったと思ったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
時事ネタ
スポンサーリンク
シェアする
nekonabeをフォローする
楽生〜楽に生きるためのライフハック〜

コメント

  1. はしQ より:

    nekonabeさん おはようございます。はしQです。先週末は人並みに3連休で体力気力とも充実で朝から、元気です。本日のお題である「アレ」の件ですが、当方社畜の強みであっさり「年末調整で」終了といいたいところですが、ご指摘のようにトラップに引っかかりました。昨年度末にたまたま医療費が、10万円を超えなおかつ、ちょうどマイナポータルから申告ができるようになったと盛んにPRされていましたので大した金額でもないか取り戻せる税金は1円でも取り戻そうとアタックしてみました。ところがトラップだらけで、マイナポータルで選択できる期間が微妙で、2か月ほどは支払い領収書を添付とか、スマホ画面では大変見づらく、何度も失敗して、領収書分を除くごくわずかな金額が還付されました。お試としては完了しましたが「労多くして益ないに等しい」でしたここまでならばまだよいが・・・
    その後、市役所から忘れたころに、確定申告をしたので、ふるさと納税ワンストップ申請は無効になりました。と通知が届きました。確かにきちんと書いてはありますしよく見ると、マイナポータルにも書いてはありました。ふるさと納税分の確定申告の修正はできるようですが、医療費控除の申告取り消しはできないらしくいい勉強になりました。
    1円でも取り戻せるものは取り戻すのポリシーは、面倒くさがりの社畜はトラップに要注意です。と思いだした愚痴でした。今週もよろしく話題の提供をお願いします

    • nekonabe より:

      はしQさん、コメントありがとうございます。
      医療費もギリギリ超えるくらいだと確定申告しない方がマシなんて状態にもなる場合があるから質が悪いです。
      ふるさと納税については、どうせ確定申告する羽目になるので私はワンストップは使っていません。
      5自治体以上だと使えないとか、無効になるとか、謎の落とし穴を大量に掘って何がしたいのやら・・・

      ただ、ふるさと納税は確定申告で処理するのは大分簡単になったので、ワンモア確定申告ですね。

タイトルとURLをコピーしました