日常からデバフが付きやすい40代のオッサン

ラテアート(猫) 雑記
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ホワイトカラー社畜は飲み物を飲む

ホワイトカラーの社畜は基本デスク仕事が中心になるので、仕事中に飲み物を飲みながら仕事をする人も多いでしょう。

夏場は汗をかいて喉が渇くし、冬場は乾燥していて喉が渇きます。
特に最近寒くなってきたので、オフィス内は暖房がガンガンに効いています。その割に加湿はしないので空気はパサパサです。

ホワイトカラーでデスクから殆ど動くわけではありませんが、一切水分取らずに仕事をする人はまず居ないでしょう。

社畜が良く飲んでいる飲み物も千差万別です。
水を飲む人も居ますし、炭酸水を飲む人もいます。
それ以外にもコーヒー、日本茶、紅茶、ルイボスティー、ウーロン茶、コーラやジュースを飲む人も居るでしょう。

多くはその人の嗜好によって飲んでいる物は異なります。
業務量によっても多少違いがあるような気がします。
残業が多い人ほどリポDとか、レッドブルやモンスターエナジー等の栄養ドリンクを飲んでいる人が多い気がします。

定時で帰る人にレッドブルを愛飲している人を見たことがないので、疲れているほど飲みたくなるのかもしれません。

そんな社畜の飲み物事情ですが、最近飲み物について思うことがあるので、今日はそのお話をしようと思います。

デバフが効きやすい40代オッサン

社畜の飲み物事情から入りましたが、自分が何を仕事中に飲むかとか他の人が何飲んでいるのかといった話ではありません。

私は40代に突入したオッサンですが最近、カフェインが妙に効きやすくなったと思うようになりました。

というのも、今もそうですが深夜にコーヒーを飲みながらこの記事を書いています。
現在、深夜1時過ぎですが、20代、30代のうちは1時にコーヒー飲もうが、2時に日本茶飲もうが、何を飲んでもベッドに入れば寝れたんです。

ですが40代に入ってから、夜にコーヒーとか日本茶を飲むと、ベッドに入ってもなかなか眠れなくなりました。
4時くらいまでベッドでゴロゴロして眠気を待つようになってます。

ポプテピピック 4巻 P47から引用

3時でもシンドイんですが、4時は致命傷です。
翌日かなりの眠気に襲われることになります。
社畜の悲しい性というか、調教の成果か何時に寝ようが平日は普段の時間に起きれるのが悔しいです。

もう開き直って平日も夕方まで寝過ごすくらいすれば、リタイアの踏ん切りもつきやすいんですが・・

この戦いに負けたら、きっとリタイアすると自覚した四十路のオッサン
朝起きるのがシンドクなってきた四十路男 最近年のせいか、暑くなってきて寝苦しくなってきたからなのか眠りが浅いです。昨日も3時くらいに1度目が覚めて、そのまま5時くらいまで全然眠れず・・2時間も寝返りを繰り返していました。朝は朝で目覚ましをス...

20代、30代の時はカフェインの覚醒効果なんて殆ど効き目が無いと思っていたんですが、40代になってから実は結構、カフェインの覚醒効果は強力なのでは?と思い始めています。

加齢によってカフェインの覚醒効果の効きやすさに変化が起きることなんてあるのか?
ちょっと気になったので確認してみました。

加齢でカフェインの覚醒効果が効きやすい?

40代のオッサンがカフェインに弱体性になった原因を探していましたが、NCNP病院に「カフェインと睡眠」という記事があったので、そこを参考しました。

この記事によると、カフェイン摂取の一日の目安量は健康な成人で1日に400mgのようです。

コーヒーだと100mlあたり60mgなので、約667ml、紅茶だと100mlあたり30mgなので約1.33リットル、日本茶やウーロン茶は100mlあたり20mgなので2リットルです。

こう考えると、結構適量は少ないですね。
1日5杯くらい飲んでいるので1リットルくらいは飲んでいそうです。

つまりは目安を超えるカフェイン量を常時摂取していることになります。

カフェインは覚醒作用があるヒスタミンの放出が抑制されなくなる作用があるので眠くなくなるらしいです。

疲労に伴い体内で産生されるアデノシンという物質がアデノシン受容体に結合すると、覚醒作用のあるヒスタミンという神経伝達物質の放出を抑えるため眠くなります。カフェインは、このアデノシン受容体に結合することでアデノシン自体が結合するのを阻害するため、ヒスタミンの放出が抑制されなくなり、眠気を感じにくくなります。

NCNP病院「カフェインと睡眠」から引用

カフェインの覚醒作用については分かりましたが、問題は若い時は「眠いもんは眠かった」ということです。

オッサンになると急にカフェインが効くなんてことがあるんでしょうか?
調べる限り、子供や妊婦に関しては少ないカフェインでも効果があるようですが、成人になってから急にカフェインに対して効果が強くなるといったソースは見つかりませんでした。

カフェインの過剰摂取は心拍の上昇や不眠を引き起こすようなので、これなのかな?
20代、30代の時と比べて、飲む量が増えたというわけではないような気がしますが・・・

でも昼間にコーヒー飲んでも、眠いんですよね。
夜は眠くないんですが、昼間は眠いです。
やはりカフェインは効いていないような気もしますが、リタイアが近づいてきて興奮しているんでしょうか?

とにかく平日の夜に眠れないと、昼間に強大な敵(眠気)と死闘を繰り広げることになるので、しばらくはノンカフェインの麦茶かルイボスティーにでも切り替えてみようと思います。

当ブログは、にほんブログ村に参加しています。面白かったと思ったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
当ブログは、にほんブログ村に参加しています。面白かったと思ったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
雑記
スポンサーリンク
シェアする
nekonabeをフォローする
楽生〜楽に生きるためのライフハック〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました