下がったと思いきや、その後すぐに新しい燃料を投下される展開。

駄々をこねるサラリーマンFX
スポンサーリンク
スポンサーリンク

とうとう売りチャンス来たかなと思ったけど、全然下がらん。

4月18日週のドル円は始値126.46円、終値が128.48円で円安傾向が継続中です。
201pipsの上昇で、またまた2円以上の円安でした。
円弱すぎ・・

怖すぎて買えないが、忍耐を試されているような気もする。
もう下がる、もう下がると思っていても全然下がらない。4月11日週のドル円は始値124.28円、終値が126.46円で円安傾向が継続中です。また2円以上の円安でした。先週は買うと下がりそうだし、円が弱すぎて逆に取引し辛いので、下がら...

今週は先週と異なり、一時129.4円まで上昇した後に下落するシーンがありました。

ドル円(USD/JPY)1時間足チャート(Trading Viewから作成)

ずっと買いでは怖いなという水準だったので、「これは、とうとう売りチャンスが来たか!」と思って129円を割り込んだ後に売りで入ってみました。
・・が、勇んで入ってみた割に、結局全然そこから下がりませんでした。
流石に週持ち越ししたい状況では無かったので、128.5円辺りで撤退しました。

40pipsくらいは取れましたが、まだまだ売りで入るには厳しい状況ですね。

4月18日週の株価の動きについて振り返り

日経平均株価の動きについて

4月18日週の日経平均株価は始値26,831円、終値27,105円のプラス273円で取引を終えています。
プラス1.02%で27,000円の節目をギリギリキープしました。

日経平均株価1時間足チャート(Trading Viewから作成)

4月18日週は早々に27,000円を割り込みそうと予想していましたが、18日は場が開いてから早々に27,000円を割り込んでスタートしました。
その後、26,570円辺りを底値にして、27,580円まで持ち直し木曜夜のNYダウの下落を見て金曜日にまた27,000円を割り込むといった感じで取引を終えました。

2週連続27,000円をキープできたのは大きいです。
アッサリ25,000円を割り込んでもおかしくないと思っていましたが、思ったより買いが入るのが早いといった印象です。
とは言え、金曜日のNYダウが大暴落だったので25日は弱そうです。

インジケーターを見る限り、MACDは下向き、RSIも下向き、ストキャスティクスも下向きです。
ストキャスティクスはデッドクロスしているので、週初は27,000円キープは無理そうです。

NYダウ平均株価の動きについて

4月18日週のNYダウ平均株価は始値34,411ドル、終値33,811ドルのマイナス600ドルで取引を終えています。
マイナス1.74%で取引を終えました。
ここ1カ月ほど、殆ど動かない状態でしたが、とうとう34,000ドルの水準を割り込んできました。

NYダウ平均株価1時間足チャート(Trading Viewから作成)

木曜日は35,500ドル辺りだったので、木金曜日で2,000ドル近くの大暴落でした。
木曜の深夜に0.5%の利上げが複数あるといった発言や、0.75%の利上げが過去にあったという発言もあったので、市場予想よりも利上げのペースが急になると判断されたようです。

利上げペースを織り込んでいる状態ですね。
日経平均株価と同様にインジケーターは全て下向きです。MACD、RSI、ストキャスティクスが下向きを示しています。ストキャスティクスは売られ過ぎ水準に到達しています。

ここまで下がると一旦買い戻しが入りそうです。
下がっても33,000ドル辺りまでで、その後は買い直しが入るのではないかと思います。

ドル円(USD/JPY)の2022年4月25日週の取引方針について

これまで売りポイントは何時かなと言った目線で見てきました。
ようやく129.5円辺りで反応してくれたので、一旦130円手前がポイントになりそうです。

日本国債10年債利回り4時間足チャート(Trading Viewから作成)

日本は0.25%を超えると指値オペで0.25%に戻そうと超必死になっていますので、日銀の方針が変わるまではこのままでしょうね。

アメリカ国債10年利回り4時間足チャート(Trading Viewから作成)

アメリカの10年国債金利は0.5%の利上げが複数回ある、0.75%も過去にあるといった発言で上昇しましたが、3%までは届かずに推移しています。

日本は0.25%で固定、アメリカは利上げの方針なので今後も利回りは上昇しそうです。
単純に考えると円安が続きそうですので、実弾でドル売りを行うといった直接介入が無いと、早々この流れは変わらなさそうです。

株と異なりインジケーターは全て上向きです。MACD、RSI、ストキャスティクスが上向きで、ストキャスティクスはSlowをFastがクロスしていますので、ゴールデンクロスしています。

ドル円(USD/JPY)日足ストキャスティクスチャート(Trading Viewから作成)

見る限り、まだ買い方針ということになりそうです。
一旦上値になりそうなポイントが129.4円辺りにできたので、129円までは買いで行けそうですが、現時点で128.5円くらいまで上昇しているので、値幅が限定的です。

127.5円辺りまで下がれば押し目買いしても良いんですが、毎週殆ど下がらず128円まで来てしまったので、取引はし辛い状況が続きそうです。

また、129.5円辺りの水準で反応するかを確認しつつ、反応するようなら売り、反応しないなら買いの方針で考えようと思います。
ホールドは短く、なるべく日を跨がない取引になりそうです。

私の意見を記載したものですので、実際の投資は自己責任で行ってください。

当ブログは、にほんブログ村に参加しています。面白かったと思ったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
当ブログは、にほんブログ村に参加しています。面白かったと思ったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
FX
スポンサーリンク
nekonabeをフォローする
楽生〜楽に生きるためのライフハック〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました