2021年8月の資産推移

お金を育てるイメージお金

堅調なのは嬉しいけど、投資は暇だった。

8月は積立している投資信託への投資と、ETFの買い増し以外は特に行っていませんでした。
夏枯れ相場で大きく下落してくれれば、買い増ししたかったのですが株価指数は堅調に推移したので、動くに動けずと言った状況でした。
ただ先月中国市場に暴落がありましたので、8月も比較的中国多めの買い増しを行いました。
それ以外は特に大きな動きしませんでした。

2021年8月の資産推移について

2021年8月の資産推移は前月比プラス0.74%の結果となりました。

2021年8月資産推移グラフ

8月のNYダウは始値34968.56ドル、終値35399.85ドルのプラス1.23%でした。
直近2カ月と同じ流れで、月下旬(20日)に向けて下落し、月末にかけて戻すという動きで終わってみればほぼ横ばいという形でした。
年内の利上げで潮目が変わるかもしれませんが、徐々に右肩上がりの上昇が継続しています。
200日移動平均線(青のライン)より遥か上での値動きが続いているため、定期的な積立以外での買い増しには動きにくいです。

今後も大きな下落が無ければ、積立以外での買いは行わない予定です。
月下旬に一度大きく下げる動きが続いているので、20日にかけて売り、月末にかけて買いを行うことで往復で利益が取れるかもしれません。

NYダウ平均株価日足チャート(Trading Viewから作成)

上海総合指数は8月始値3385.69ポイント、終値3543.94ポイントのプラス4.67%でした。
先月のマイナス分をほぼ全戻しする形で上昇しています。
7月、8月共に中国のインデックスは何時もより多めに買い増しを行いました。
早々に戻してきてくれましたが、中国共産党の動きが予断を許さないので積極的な買い増しはし辛いです。

上海総合指数日足チャート(Trading Viewから作成)

インドSENSEXは8月始値52901.28ポイント、終値57552.39ポイントのプラス8.79%でした。
6月からずっと横ばいの動きでしたが、8月は急上昇して1割近い上昇でした。
こちらは急に上昇したので、普段の積立だけで終わってしまったのが悔やまれます。

インドSENSEX日足チャート(Trading Viewから作成)

NYダウは横ばいでしたが、中国市場が戻してきてインド市場も好調ということで、全体的には好調な月だったと思います。
中国の相場が崩れたことで、他国の相場も崩れるかと思いましたが結局持ち直してしまったので、今後も大きく崩れるようなことが無ければ積極的に買いに行く相場では無いように思います。

結局世界の相場が動くのはアメリカからということでしょうか。
アメリカ市場が動くまで、今後も様子見が続きそうです。

私の意見を記載したものですので、実際の投資は自己責任で行ってください。

当ブログは、にほんブログ村に参加しています。面白かったと思ったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
当ブログは、にほんブログ村に参加しています。面白かったと思ったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
お金
nekonabeをフォローする
楽生〜楽に生きるためのライフハック〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました