スイスフラン円(CHF/JPY)が上昇している。リスクオフで株価が下がるのか。

スイス国旗お金

私の意見を記載したものですので、実際の投資は自己責任で行ってください。

スイスフラン円が12月に入って2円程度の急上昇

スイスフラン円が12月に入って急上昇している。
12月1日の始値で114.7円だったが現在は117円をうかがうまで上昇している。
スイスフラン円はレバレッジが大きいので、あまりトレードで使用しない通貨ペアだが、急に上昇したため気になったので確認したいと思います。
表示チャートは全てTradingView提供のチャートになります。

スイスフラン円日足チャート(TradingView提供チャート)

直近で似た動きをしているのは、ユーロ円(EURJPY)でしょうか。
同じく12月1日から急上昇しています。

ユーロ円日足チャート(TradingView提供チャート)

ユーロはもうすぐ月足単位のレンジの上限の1ユーロ127円に達するので、売りたい水準に近づいてきました。
今後も上昇するのであれば、レンジ上限で売りを入れようかと思っています。

話を戻してスイスフラン円ですが、ユーロスイスフランの通貨ペアのチャートを見る限り、ユーロよりスイスフランの方が強いようです。

ユーロスイスフラン日足チャート(TradingView提供チャート)

私のイメージだとスイスフランは以前の日本円のようにリスクオフの際に買われて、リスクオン時に売られるという認識です。
そのためスイスフランの上昇は株価の下落を感じてしまうため、最近フランが動いた時にダウ平均株価がどういった動きだったのか確認しておこうと思います。

まずは週足チャートを見ていて、目立つ陽線である2020年5月11日週~6月1日週を確認してみようと思います。

スイスフラン円週足チャート(TradingView提供チャート)

その際のダウ平均株価の動きは、24,256ドルで始値を付けて、22,789ドルまで下落した後、一時27,738ドルまで上昇して27,110ドルで終値を付けています。
この時は、5月11日週だけ逆に動き、その後はスイスフラン円とダウ平均株価は連動して動いたようです。

ダウ平均株価週足チャート(TradingView提供チャート)

コロナ禍の暴落時は、初週下落後に上昇して翌週以降は上昇して3週連続陽線を付けています。
この際ダウ平均株価は28,402ドルから19,173ドルまでほぼ一貫して下落したので、こちらは初週以外は逆に動いたようです。

スイスフラン円週足チャート(TradingView提供チャート)

チャートだけで見る限り完全に相関しているわけでも逆相関しているわけでもないようです。

ドルインデックス/スイスフラン円比較チャート(TradingView提供チャート)

確認していくとドルインデックスとは逆に動いているようなので、コロナワクチンによって出遅れていたヨーロッパ市場への資金流入のため、ユーロやフランの需要が増加しているのでは無いでしょうか。

ユーロストックス50指数日足チャート(TradingView提供チャート)

ユーロストックス50指数を確認する限り、コロナ禍の下落からまだ10%程度戻す余地があるため、ユーロ圏への投資も良いかもしれません。

当ブログは、にほんブログ村に参加しています。面白かったと思ったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
当ブログは、にほんブログ村に参加しています。面白かったと思ったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
お金
nekonabeをフォローする
楽生〜楽に生きるためのライフハック〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました