NASがぶっ壊れてスパムメールよりしつこいメールが飛んでくる。

大量のメールに埋もれる会社員 テクノロジー
スポンサーリンク
スポンサーリンク

昨日の夜から引っ切り無しにNASからアラートメールが飛んでくる。

私は自宅でNASを使っています。
以下のような感じで、ノートパソコンやデスクトップパソコン、スマホからネットワーク経由でデータを見ています。

自宅の利用環境イメージ

NASって何ぞや?という人のために簡単に説明すると、Network Attached Storageの頭文字を取ってNASと呼ばれるもので、ネットワーク経由で接続するハードディスクのことです。

このNASですが、家庭向けの製品にも関わらず、ハードディスクの故障を検知すると、設定したメールアドレス宛にメールを送信してくれる機能がついています。

このNASで使用しているハードディスクの故障をNASが検知したので、引っ切り無しに「おぃ壊れたぞ!さっさとハードディスクを交換しろ。」というメッセージが飛んできているという訳です。

なぜNASを使うのか?

Google DriveやDropboxといったクラウドストレージがあるのに、私がなぜNASを使うのかという理由ですが、理由は3つあります。

  1. 月額費用がかかる。
  2. インターネット上にデータを保管しておくのが何か嫌
  3. パソコン壊れても安心

月額費用がかかる。

1つは単純にお金がかかるからです。例えば、Google Driveは15GBまでは無料で使えますが、それ以上に使用する場合、月額1,360円お金がかかります。

15GBでは全然足りませんし、毎月1,360円払えば2TBまで利用可能ですが、毎月払うには少々お高いです。

インターネット上にデータを保管しておくのが何か嫌

自分の死後、処分していなかったら後悔するようなデータがNAS上に保管されているので、そんなデータをインターネット上に保管しておくのが嫌です。

もし、持ち主の情報とセットで流出なんてしたらトラウマものなので、そんな理由でクラウドストレージを使いたくありません。

もう少し年を取ったら、自分の死後にNAS上のデータを削除する方法を考えようかと思っています。
家族にNASのデータを見られたら、成仏できなそうです。

パソコンが壊れても安心

最後の理由はパソコンが壊れても、データはNAS上に保管されているので、データが損失しないので安心ということです。

仕事でもファイルサーバーにデータを保管して、会社のパソコン上にはデータを保管しないようになっているので、それに近い形にしているという理由です。

また、パソコンを買い替えた後もデータを移動する手間がほとんどかかりません。
ソフトウェアをインストールする必要はありますが、それさえ終われば、データは移動しなくても良いので、パソコン買い換えのハードルが小さくなります。

NASが壊れたら不味いので対策している。

そんな訳で、パソコンに殆ど全てのデータを保存しているので、NASが故障すると致命的です。
パソコンが壊れても安心とか言ってたけど、NASが壊れたらオシマイじゃねーかと思うかもしれませんが、NASに搭載されているハードディスクを二重化することで安全性を担保しています。

RAIDという技術なのですが、RAID1でハードディスクのミラーリングを使っています。
2台のハードディスクを使って、1台を普通に使用して、もう1台のハードディスクにデータの複製を作成するので、1台のハードディスクが壊れたとしても、もう1台のハードディスクがデータを持っているので、データが消えないという仕組みを使っています。

どんなエラーが出ているのか。

家で使っているNASはReady NAS DuoというNASを使用しています。
1、2カ月前から故障を伝えるアラートメールが飛んできていたんですが、1日に2通(1セット)しか送付されていなかったので、「まぁ二重化しているから、すぐに交換しなくても良いか。」と思っていました。

そんな感じで暫く放置していましたが、ここ2,3日は1日に100通(50セット)以上アラートメールが飛んできています。
「いよいよヤバい」と思って、そろそろ交換を検討しています。

肝心のメール内容は以下のようになっています。

1通目
Detected increasing uncorrectable errors[2176] on disk 2 [HDDの型番-シリアル]. This often indicates an impending failure. Please be prepared to replace this disk to maintain data redundancy.

2通目
Detected increasing pending sector count[2176] on disk 2 [HDDの型番-シリアル] アラート回数 times in the past 30 days. This often indicates an impending failure. Please be prepared to replace this disk to maintain data redundancy.

内容を見る限り、修正不可能なエラーを検出したという内容と、1カ月で何回アラートを検出したかというメールです。
データの冗長性を維持するために、このディスクを交換する準備をしてください。と交換を呼び掛けてきていますが、完全に故障した訳ではなく、故障しかけているといった状況のようです。

まだ故障していないとは言え、1日に100通以上のメールが飛んでくるので、もういつ壊れてもおかしく無いと言った状況ですので、近日中にハードディスクを交換しようと思います。

当ブログは、にほんブログ村に参加しています。面白かったと思ったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
当ブログは、にほんブログ村に参加しています。面白かったと思ったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
テクノロジー
スポンサーリンク
シェアする
nekonabeをフォローする
楽生〜楽に生きるためのライフハック〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました