こんな無茶なライフプランを出さんでも良いのではなかろうか。

人生設計・ライフプランのイメージ雑記

様々な条件でFIREをシミュレーションしている。

楽天証券のFIRE特集記事で、25歳独身、30歳DINKs、35歳、専業主婦、5歳の子供ありの3パターンのFIREシミュレーション記事が掲載されていました。

30歳DINKsはまだ実現可能そうなシミュレーションだなと感じましたが、私と同じ独身25歳の記事はなかなか突っ込み所が多かったと思いますので、25歳独身のFIREプランについて、このケースより年食ってますが独身の私の所感を書いていこうと思います。

参考:25歳・独身のAさんは何歳でFIREできる?FPがリアルに試算!FIRE達成ライフプランシミュレーション

25歳独身のFIREプラン前提条件について

シミュレーションの条件は以下のようになっています。

  • 大きな病気・ケガはしない。
  • 結婚はしない。
  • 仕事は中小メーカーの営業で、手取り年収は248万円
  • 生活費は211万円、貯金が150万円

手取り248万円だと年収は300万ちょっとです。
ボーナスが無い場合で考えて月25万円~26万円支給、手取りは毎月20.7万円程度です。
25歳でこの年収は中々しんどいですが、社会人3年目で既に150万円の預金があります。
社会人になるまでに貯金があったのかもしれませんが、社会人になってから貯金を始めたとすると年50万貯めたことになります。

例によって総務省統計局の2020年の単身世帯の家計調査の結果を確認してみると、勤労者世帯の1カ月間の実支出は、168,965円になっています。

参考:2020年家計調査/家計収支編 単身世帯 詳細結果表

年間2,027,580円なので、手取り年収との差分は452,420円です。
このシミュレーションのケースだと平均よりも年間47,580円貯金を頑張っている人ということになります。
月当たりに直すと3,965円なので、ちょっと固定費を削減すれば社会人になった時に貯金0円でも、25歳で貯金150万円はそれ程おかしな前提条件ではありません。

シミュレーションケースについて

シミュレーションケースはリッチ型FIRE、サイド型FIRE、節約型FIREの3パターンで試算しています。

  • リッチ型FIREの場合、57歳で2600万円
  • サイド型FIREの場合、38歳で2126万円
  • 節約型FIREの場合、37歳で2519万円

3条件共に一切昇給しない前提で計算しているのでかなり悲惨な状況ですが、〇億必要です~とか言うFIRE記事よりは大分マシで実現性がありそうに見えます。
全てのパターンで収入-支出で出来た貯金を4%の運用利回りで投資するという前提になっています。

リッチ型FIREは57歳まで働いていないと生活費211万円のままではFIRE出来ないというシミュレーションになっています。
これについては、インフレを一切考えていないのが気になりますが単身者世帯の支出を定年近くまで続ける前提なので、出来なくはないと思います。

サイド型FIREは211万円の3分の2の生活費で生活する前提になっています。
211万円の3分の2・・・約1,406,700円です。
月に11万7228円程度になります。
これも・・頑張れば出来なくは無さそうです。
都内だったら4畳~6畳のアパート暮らしを生涯することになりそうです。
FIRE後は生活費の半分は働いて、半分は保有資産からの配当利益等で賄う前提です。
FIRE達成時の2126万円で資産から得られる配当は850,400円で労働する分と合わせると節約した生活費より収入が多くなりますが、国民年金と健康保険等の社会保険料で資産が右肩下がりになっています。

これだけ節約しておいて、資産が右肩下がりになる生活で正気を保てるのか疑問です。
そもそも、これしか稼いでいないなら年金は半額免除が全額免除申請して資産が減らないようにした方が良い気もします。

問題なのが節約型FIREです。
サイド型FIREより更に節約して実支出の半額で生活する前提です。
ただでさえ多くは無かった生活費年211万円の半分、年105万5000円・・月に約87917円です。
ここまで生活費を落とすとなると実家暮らしで家賃0円にするか、地方の古民家を借りるくらいしか手が無さそうな金額感です。
1年、2年ならできそうですがこのシミュレーションの場合は、死ぬまでこの支出で生活することになるので、かなりの困難が伴いそうです。

終わりに

月88000円で生活するのはかなりの節約のプロです。
家計に一切の無駄が無い状態を楽しみながらコツコツ続けられる人では無いと無理でしょう。
実際セミリタイアブログでも10万円以下の生活費でリタイアしている人がいらっしゃいます。

月88000円で生活し続けると決意するためには、死ぬほど仕事が嫌いで、生まれ変わっても働きたくない位の強い労働への忌避感が必要だと思います。
なかなかそこまで出来る人は少ないです。
普通の人ではそこまでするなら働いてもうちょっと稼いで、支出を増やそうとサイド型FIREの方へ移動すると思うからです。

私はそこまでの境地に至っていないので、その辺りが独身の節約型FIREに違和感を感じた理由かもしれません。

また、シミュレーション開始前まで平均支出より節約していたのに、シミュレーション中は平均より82,420円も年間支出が多いのも気になります。
3年頑張ってたのに嫌になったのかもしれません。FIRE実現前に諦めて止めちゃいそうです。

当ブログは、にほんブログ村に参加しています。面白かったと思ったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
当ブログは、にほんブログ村に参加しています。面白かったと思ったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
雑記
nekonabeをフォローする
楽生〜楽に生きるためのライフハック〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました